[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

村田諒太、GGG戦実現はあり得る!? 米メディア「ゴロフキンはムラタを待っている」

ボクシングのWBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)が米ラスベガスで同級2位ロブ・ブラント(米国)と2度目の防衛戦(日本時間10月21日午前11時、DAZN独占生中継)に挑む。次戦以降に元WBA世界ミドル級スーパー王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)との対戦を熱望していた村田だが、カネロことサウル・アルバレス(メキシコ)に敗戦したことで、GGGとの対戦が遠のいたように見えたが、米メディアでは「ゴロフキンはカネロかムラタを待っている」と実現の可能性を報じている。

村田諒太【写真:Getty Images】
村田諒太【写真:Getty Images】

思惑が交錯するミドル級戦線の中で村田の存在とは

 ボクシングのWBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)が米ラスベガスで同級2位ロブ・ブラント(米国)と2度目の防衛戦(日本時間21日午前11時、DAZN独占生中継)に挑む。次戦以降に元WBA世界ミドル級スーパー王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)との対戦を熱望していた村田だが、カネロことサウル・アルバレス(メキシコ)に敗戦したことで、GGGとの対戦が遠のいたように見えたが、米メディアでは「ゴロフキンはカネロかムラタを待っている」と実現の可能性を報じている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 ボクシングの本場ラスベガスでブラント戦に挑む村田。その先に一度は遠のいたはずのGGG激突の可能性が再度、浮上してきた。

 米ボクシング専門メディア「ボクシングニュース24」はWBCミドル級暫定世界王者ジャーモール・チャーロ(米国)とWBA世界ミドル級7位のマチエ・スレツキ(ポーランド)のタイトルマッチ実現について特集しているが、村田のブラント戦の先に影響を与えるのが27戦全勝の猛者チャーロだという。

 WBCはカネロへの指名挑戦権をかけ、チャーロとゴロフキンの対戦を命じたが、記事では「GGGとチャーロはこの戦いを念頭に置いていない。どちらもカネロとの対戦を希望している」と伝えている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集