[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • “40秒間の名演技” 米マイナー三塁手の「最も忍耐強い隠し球」が話題に

“40秒間の名演技” 米マイナー三塁手の「最も忍耐強い隠し球」が話題に

なりふり構わずアウトを取るため、野球で稀に見られることがある「隠し球」。MLBのマイナーリーグで最近披露されたプレーは、なんとも「忍耐強い隠し球」として話題となっている。米「FOXニュース」が報じた。

ブルワーズ1Aの三塁手が話しかけ&足場慣らしの迫真演技、隠し球成立の珍プレー

 なりふり構わずアウトを取るため、野球で稀に見られることがある「隠し球」。MLBのマイナーリーグで最近披露されたプレーは、なんとも「忍耐強い隠し球」として話題となっている。米「FOXニュース」が報じた。

「ブルワーズのマイナー選手による、最も忍耐強い隠し球」

 この見出しで報じられた記事の主人公となったのは、ブルワーズ1Aにあたるカロライナ・マッドキャッツの三塁手だ。現地時間3日(日本時間4日)の試合で“事件”は起きた。

「ルーカス・エルツェッグは非常に忍耐強い人間に違いない。木曜日の試合でそれを明らかにした。彼は我々が見てきた中で最も長々と時間のかかったトリックプレーをやってのけた」

 このように記述されている通り、エルツェッグが繰り出した隠し球は、実に長々としていた。

 チームの公式ツイッターが公開した動画によると、三盗を試みた走者のタッチに間に合わず、エルツェッグはグラブにボールを入れたまま、すぐに投手に返球するフリをした。この瞬間、塁上の走者は屈んでスライディングしたズボンの裾を直しており、目線は足元にあった。

 “第一関門”をクリアしたエルツェッグだったが、アクシデントが起こる。

1 2 3
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー