[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 今年の「NPB引退打線」が強すぎるとネット話題「歴代最強級?」「ホント悲しい」

今年の「NPB引退打線」が強すぎるとネット話題「歴代最強級?」「ホント悲しい」

プロ野球はシーズン最終盤に突入。チームの順位争いとともに、この時期は選手の去就がスポットライトを浴びるが、今年は「松坂世代」を中心とした大物選手が続々引退。ネット上では「今年の引退打線が強い」と話題となっている。

2018年のプロ野球では大物選手の引退が目立っている【写真:Getty Images】
2018年のプロ野球では大物選手の引退が目立っている【写真:Getty Images】

「松坂世代」の大物続々、引退発表選手で打線を組むと…

 プロ野球はシーズン最終盤に突入。チームの順位争いとともに、この時期は選手の去就がスポットライトを浴びるが、今年は「松坂世代」を中心とした大物選手が続々引退。ネット上では「今年の引退打線が強い」と話題となっている。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広、秋本真吾(GROWINGへ)

 プロ野球を彩った名選手が続々とユニホームを脱ぐことを表明している。「松坂世代」では巨人・杉内俊哉、DeNA・後藤武敏、オリックス・小谷野栄一、日本ハム・矢野謙次、さらに横浜、巨人で活躍したBCリーグ栃木・村田修一が引退を発表。いずれも記録と記憶に残るスターばかりだ。

 この結果、今年限りで引退を表明した選手にポジションを当てはめ、打線を組むと「強すぎる」とネット上で話題になっている。例えば、こんな具合だ。

○野手

1(遊)松井稼頭央(西武)
2(二)脇谷亮太(巨人)
3(一)新井貴浩(広島)
4(指)村田修一(BC栃木)
5(三)小谷野栄一(オリックス)
6(左)後藤武敏(DeNA)
7(右)天谷宗一郎(広島)
8(捕)金澤岳(ロッテ)
9(中)岡田幸文(ロッテ)

○投手

杉内俊哉(巨人)
大隣憲司(ロッテ)
石井裕也(日本ハム)
加賀繁(DeNA)
浅尾拓也(中日)

 未だ発表はしていないが、中日・荒木雅博、岩瀬仁紀も引退報道がある。ネット上では「今年の引退打線がマジで強い」「歴代最強クラス?」との声が相次ぎ、近年最強といわれる2015年(小笠原道大、松中信彦、和田一浩、高橋由伸、山本昌ら)に匹敵するとの見方もあった。

 しかし、その強さは大物たちが一気に去ることの裏返し。「ホント悲しい」と引退を惜しむ声も上がっていた。

(THE ANSWER編集部)

DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー