[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大坂なおみ、全米Vで南半球もファン増加? 豪紙「ナオミの涙に心を痛めていた」

テニスの全米オープンを制した世界ランク8位・大坂なおみ(日清食品)がブリスベン国際(12月30日~1月6日・オーストラリア)に参戦することが25日、発表された。全米オープンでは、決勝でセリーナ・ウィリアムズ(米国)相手に涙の優勝を果たしたが、直後にはオーストラリアのファンから大坂に激励のメッセージが殺到していたという。

大坂なおみ【写真:Getty Images】
大坂なおみ【写真:Getty Images】

1月ブリスベン国際参戦でコメント「全米以来、豪州から多くメッセージ届いた」

 テニスの全米オープンを制した世界ランク8位・大坂なおみ(日清食品)がブリスベン国際(12月30日~1月6日・オーストラリア)に参戦することが25日、発表された。全米オープンでは、決勝でセリーナ・ウィリアムズ(米国)相手に涙の優勝を果たしたが、直後にはオーストラリアのファンから大坂に激励のメッセージが殺到していたという。

【特集】5人制元日本代表はなぜ3×3で現役復帰したのか 「バスケ界に恩返しを」 / バスケットボール・渡邉拓馬選手インタビュー(GROWINGへ)

「セリーナ騒動の中心で忘れ去られた選手、ナオミ・オオサカがオーストラリアのファンに感謝する」と特集したのは、オーストラリア地元紙「クーリエ・メール」だった。

「クイーンズランドのテニスファンは、ナオミ・オオサカが涙ながらにセリーナ・ウィリアムズの騒動に遭遇してしまったことに心を痛めていた。しかし、今年の夏、ブリスベンで彼女がプレーする際、日本の全米オープン優勝者をサポートするチャンスを手にすることになる」

 特集では、こう報じている。大坂は日本人史上初となる4大大会シングルス優勝の偉業を果たしたが、波紋を広げたのはセリーナの行動。主審への暴言、ラケット破壊などでペナルティを受け、表彰式でもセリーナ贔屓のファンがブーイングを響かせる事態に。優勝した大坂が涙ながらに謝罪していた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集