[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

いまだやまない衝撃 リオ五輪陸上400Mリレー銀の理由、英専門サイトが特集

リオデジャネイロ五輪の男子陸上400メートルリレーで銀メダルを獲得した日本。山県亮太、飯塚翔太、桐生祥秀、ケンブリッジ飛鳥という4人がアジア新記録の37秒60を叩き出し、各国の並みいるスプリンターと渡り合って、世界に衝撃を与えたことは記憶に新しい。優勝したジャマイカのウサイン・ボルトのように、9秒台の記録を持つ選手は一人もいない。それなのに、トラック種目では日本男子初の銀メダルを獲れた理由は何なのか――。英陸上競技専門ウェブサイト「SPIKES」が特集している。

10秒台4人が世界驚かせた銀、半年以上たって躍進の秘密を検証

 リオデジャネイロ五輪の男子陸上400メートルリレーで銀メダルを獲得した日本。山県亮太、飯塚翔太、桐生祥秀、ケンブリッジ飛鳥という4人がアジア新記録の37秒60を叩き出し、各国の並みいるスプリンターと渡り合って、世界に衝撃を与えたことは記憶に新しい。優勝したジャマイカのウサイン・ボルトのように、9秒台の記録を持つ選手は一人もいない。それなのに、トラック種目では日本男子初の銀メダルを獲れた理由は何なのか――。英陸上競技専門ウェブサイト「SPIKES」が特集している。

「SPIKESはどのようにして4人のアスリートが多くの世界最速スプリンターたちを下してきたのか、解明した」と記した記事では、4人の名前を挙げてリオ五輪で銀メダルを獲得したことを回想。「多くのファンを得て、オリンピックを去った」と振り返っている。

 なぜ、日本は歴史に残る偉業を成し遂げることができたのか。「オリンピックでの日本の成功は、どこからともなく現れたわけではない」とした上で、日本の伝統的な“得意技”に要因があると分析した。

「バトンパスに細心の注意を払い、長年に渡って力学的分析を行ってきた結果である」

 記事では、2001年の世界陸上(エドモントン)以来、日本はアンダーハンドパスを採用していることを紹介し、この技術でスピードの減少を最小限に抑えることができると解説。ただ、理由はそれだけではないという。

 日本陸連の苅部俊二・男子短距離部長は「アンダーハンドパスを用いる一番の理由は、ミスを最低限にするためです」と話したという。記事は、アンダーハンドパスを導入したことで「日本男子4×100メートルリレーチームは世界で最も安定したチームの一つとなった」と分析している。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集