[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ラケット破壊のセリーナ、大荒れを欧州メディアも続々報道「怒り爆発」「握手拒否」

大坂のことは称えつつも「主審との握手は拒否した」

 記事では、怒ったセリーナが主審に歩み寄ったシーンを描写。「私は勝つために嘘をついたりしない。そんなくらいなら負けた方がまし!」と話したことを紹介。試合後は涙を流したことを伝えている。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

「日本人選手に対してはフェアーな振る舞いをしていた。しかし、ガードされながらコートを後にする主審との握手は拒否した」と大坂のことは称えつつも、最後まで主審と和解することはなかった様子にも言及している。

 ドイツのスポーツ専門局「Sport1」が「主審と言い争い!ウィリアムズが激高」と伝えれば、スイス紙「ブリック」は「罵倒のウィリアムズに容赦ない懲罰!」とペナルティーを受け、戦わずしてゲームポイントを失ったことを紹介している。

 英紙「ザ・サン」も「全米オープン決勝でオオサカ・ナオミに敗れたセリーナ・ウィリアムズ怒り爆発。主審に“盗っ人”“嘘ツキ”の暴言」と記し、英紙「ガーディアン」は「セリーナ・ウィリアムズ、主審を性差別主義者と糾弾。“女性のために戦う”と宣言」としてセリーナが、主審のペナルティーは性差別的と発言したことを特集している。

 世界的な注目行事で起きた騒動は、しばらく後を引くことになりそうだ。

(THE ANSWER編集部)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集