[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

title-news

羽生結弦、偉業の裏で脚光 日本人ファンのマナーが海外で称賛された理由

羽生結弦(ANA)が世界選手権で3年ぶりの王者に返り咲き、クライマックスを迎えたフィギュアスケート界。世界に存在感を示し、選手に声援を送るファンにとっては誇らしいシーズンとなったが、その日本人のファンに対して海外で称賛の声が上がっている。海外での観戦マナーについて、米メディアが「素晴らしいスポーツマンシップ」と報じた。

世界選手権で他国の国旗も持参、米メディア「素晴らしいスポーツマンシップ」

 羽生結弦(ANA)が世界選手権で3年ぶりの王者に返り咲き、クライマックスを迎えた今シーズンのフィギュアスケート界。世界に存在感を示し、選手に声援を送るファンにとっては誇らしいシーズンとなったが、その日本人のファンに対して海外で称賛の声が上がっている。海外での観戦マナーについて、米メディアが「素晴らしいスポーツマンシップ」と報じた。

 米スケート専門メディア「アイスネットワーク」は「2016-17年シーズンから見える10の観測」との特集を組み、今季のフィギュア界を総括している。採点システムや米男子の若手の台頭など競技に関する話題を挙げて考察。その項目の一つに日本人ファンの行動について取り上げている。

 日本の若手選手が躍進した今季について「スケート界が新たなファンを必要としているタイミングで、日本人スケーターが成功することほど素晴らしいことはない」と言及。その上で、羽生がフリー歴代世界最高得点で優勝した世界選手権(フィンランド)のファンの行動に触れた。

「昨年のボストン同様、日本人ファンはヘルシンキに押し寄せた」と振り返り、遠くヨーロッパまで応援に駆け付けた多くの日本人ファンがいたことを紹介。着目したのは、ファンが手に持っていた“ある物”だ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
SportyLife スポーティーライフ - 食とスポーツをつなぐ情報誌
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー