[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

title-news

羽生結弦、功績はフィギュア界を超越 米記者「スポーツ界の神殿に相応しい」

2016-17年の男子フィギュアスケート界で輝いた日本のエース・羽生結弦(ANA)。グランプリ(GP)ファイナル4連覇にフリー歴代世界最高得点を叩き出すなど、まさに充実一途のシーズンとなった。フィギュア界を飛び越え、一流のアスリートと知られることになった22歳について、米スケート専門メディア「アイスネットワーク」は「すでにスポーツ界の神殿に相応しいことは、疑いの余地はない」と最大級の賛辞を送っている。

輝き続ける日本の22歳、米専門メディアが賛辞「熱狂はスポーツ史上でも屈指」

 2016-17年の男子フィギュアスケート界で輝いた日本のエース・羽生結弦(ANA)。グランプリ(GP)ファイナル4連覇にフリー歴代世界最高得点を叩き出すなど、まさに充実一途のシーズンとなった。フィギュア界を飛び越え、一流のアスリートと知られることになった22歳について、米スケート専門メディア「アイスネットワーク」は「すでにスポーツ界の神殿に相応しいことは、疑いの余地はない」と最大級の賛辞を送っている。

「2016-17年シーズンから見える10の観測」との見出しで、フィリップ・ハーシュ記者が今季のフィギュア界を総括。10大項目の一つに「ユヅル・ハニュウ」を挙げている。

 記事では、14年のソチ五輪金メダル、GPファイナル4連覇、世界最高得点など、輝かしいキャリアを歩んできたことを紹介。「日本と世界にまたがるファンの熱狂は、SNSの力もあり、スポーツの歴史上でも屈指のものかもしれない」と称賛している。

 今年は4月の世界選手権(ヘルシンキ)のフリーでは4つの4回転を完璧に決め、自身が持つ世界歴代最高得点を更新。ショートプログラム(SP)5位から大逆転で3年ぶりの世界王者に返り咲いた。

 アイスネットワークの同僚であるジャッキー・ウォン記者が羽生の偉大さに関して考察しているとした上で「間違いなく、彼の登場以前に、完成された芸術性と4つの4回転ジャンプを混ぜ合わせた存在はスケート界にいなかったはずだ」と記述。フィギュア選手として、芸術性とジャンプの両方を持ち合わせる完璧なスケーターとみているようだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
SportyLife スポーティーライフ - 食とスポーツをつなぐ情報誌
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー