[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 「オオタニのこのスピード」 “右前二塁打”に米解説者仰天「アフターバーナー点火」

「オオタニのこのスピード」 “右前二塁打”に米解説者仰天「アフターバーナー点火」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が19日(日本時間20日)、敵地レンジャーズ戦に「3番・DH」でスタメン出場すると、4回の第2打席で“ライト前二塁打”。単打を二塁打に変えた快足を目の当たりにした米ファンは「なんて速さなんだ」と感嘆していたが、現地実況席からも「ショウヘイ・オオタニのこのスピード」と驚愕の声が上がっていた。

エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

右前の打球で二塁陥れる快足ぶりに現地解説者も驚愕

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が19日(日本時間20日)、敵地レンジャーズ戦に「3番・DH」でスタメン出場すると、4回の第2打席で“ライト前二塁打”。単打を二塁打に変えた快足を目の当たりにした米ファンは「なんて速さなんだ」と感嘆していたが、現地実況席からも「ショウヘイ・オオタニのこのスピード」と驚愕の声が上がっていた。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 大谷が圧巻の韋駄天ぶりを披露した。0-1で迎えた4回無死一塁の場面だ。相手右腕・ガヤードの90.5マイル(約146キロ)のフォーシームをコンパクトに捉えた打球は一塁手グズマンを襲った。懸命に反応するが、鋭い打球に合わせ切れず、一、二塁間を抜け、転がっていく。チャンスを広げるシングルヒット。そう思った次の瞬間だ。

 深めに守っていた右翼手マザラが右翼線寄りに転がった打球を処理しようとする間に大谷は迷いなく一塁を蹴った。持ち前の大きなストライドでグングン加速。右翼手も懸命に送球するが、足から滑り込んだ大谷は悠々とセーフにしてみせた。敵地のスタジアムからもどよめきが起こった。

 エンゼルスの本拠地の実況を担当する「FOXスポーツウエスト」の実況席も驚愕していた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー