[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日韓以来のW杯共催へ サッカーは“壁”なし、米大統領がメキシコを支援

アメリカ、メキシコ、カナダの各国サッカー連盟は、2026年サッカー・ワールドカップ(W杯)で史上初となる3か国による共同開催を目指すと声明を発表した。2002年の日本、韓国以来の共催へ向け、アメリカはドナルド・トランプ大統領の就任以来、メキシコとの外交に課題を抱えているが、この計画はトランプ大統領から「フルサポート」で後押しを受けているという。

「国境に壁」発言で外交面に課題も史上初の3か国共催へ“フルサポート”

 アメリカ、メキシコ、カナダの各国サッカー連盟は、2026年サッカー・ワールドカップ(W杯)で史上初となる3か国による共同開催を目指すと声明を発表した。2002年の日本、韓国以来の共催へ向け、アメリカはドナルド・トランプ大統領の就任以来、メキシコとの外交に課題を抱えているが、この計画はトランプ大統領から「フルサポート」で後押しを受けているという。

「米サッカー連盟会長、26年W杯共同誘致をトランプが“フルサポート”」と報じたのは、米全国紙「USAトゥデー」だ。

 記事では、米サッカー連盟のサニル・グラーティ会長が声明の冒頭で、メキシコの共同誘致について「このプロジェクトはアメリカ政府からフルサポートを受けている」とコメントしたことを伝えている。

「大統領は完全に協力的で、共同招致に向かう我々を奨励してくれている。彼は特に、この共同招致にメキシコも参加することをいたく喜んでいる。他の人々が提起するかもしれない問題のいくつかについて、我々は全く心配していない。我々はまず単独での招致を検討し、その後、再び北米のパートナーとともに招致したいと決めた。最後の最後まで、トランプ大統領の強い奨励を受けている」

 合意によると、80試合のうち60試合がアメリカで行われ、メキシコとカナダは10試合ずつを主催することも述べている。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集