[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • ソノカム、世界1位ペア撃破 「我慢」で2大会連続メダル確定「焦らず、挑発に乗らず」

ソノカム、世界1位ペア撃破 「我慢」で2大会連続メダル確定「焦らず、挑発に乗らず」

世界ランク1位を堂々と破った。中国の南京市で開催されているバドミントンの世界選手権は3日に各種目の準々決勝を行い、前回大会で銅メダルを獲得している男子ダブルスの園田啓悟、嘉村健士組(トナミ運輸)が第1シードのインドネシアペアをストレート(21-19、21-18)で破って準決勝に進出した。3位決定戦は行われないため、2大会連続の銅メダル以上が確定した。勝利が決まると、ともにガッツポーズで倒れ込んだ。園田は「現在のトップペア。こういう舞台で勝てて嬉しかった」と喜んだ。

銅メダル以上が確定した園田、嘉村の「ソノカム」ペア【写真:大会公式サイト】
銅メダル以上が確定した園田、嘉村の「ソノカム」ペア【写真:大会公式サイト】

相手の“打ち合わない策略”に時折ブーイングも「我慢」で2大会連続メダル確定

 世界ランク1位を堂々と破った。中国の南京市で開催されているバドミントンの世界選手権は3日に各種目の準々決勝を行い、前回大会で銅メダルを獲得している男子ダブルスの園田啓悟、嘉村健士組(トナミ運輸)が第1シードのインドネシアペアをストレート(21-19、21-18)で破って準決勝に進出した。3位決定戦は行われないため、2大会連続の銅メダル以上が確定した。勝利が決まると、ともにガッツポーズで倒れ込んだ。園田は「現在のトップペア。こういう舞台で勝てて嬉しかった」と喜んだ。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 相手は、優勝候補で第1シードのマルクス・フェルナルディ・ギデオン、ケビン・サンジャヤ・スカムルジョ組(インドネシア)。後衛のギデオンは打ち続ける強打が持ち味。スピードのある前衛のスカムルジョは、ネット前の球さばきで有利な展開を演出する。嘉村は前日に「相手は、前衛と後衛がハッキリしていて、自分たちも同じスタイル。自分がケビンと戦って、そこで勝てば自分たちに分がある。勝っているときは、自分がケビンに打ち勝てている時が多いと思う。そこ次第かなと思っている」とゲームメイク勝負に意欲を見せていた。

 その嘉村が、会場がどよめくような高速ラリーで妙技を見せた。第1ゲームの13-6から相手のドライブ(床と並行する軌道で飛ぶスピードショット)をネット前で捉えた。横移動中で体の背面側を突かれたが、ラケットを巧みに操って相手のショットをブロックした。嘉村がネット前で優位に立つと、園田がコート後方からパワーショットを連発。さすがにゲーム終盤は追い上げられたが、最後は園田のサービスレシーブがネットインになって第1ゲームを物にした。

1 2
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー