[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、182キロの“超低弾道ダブル”に米驚愕「ものすごーーーーく惜しい!」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は28日(日本時間29日)、敵地マリナーズ戦に「2番・DH」でスタメン出場。第5打席でホームランまであとわずかという弾丸ライナーのフェンス直撃二塁打を放った。初速113.2マイル(約182.1キロ)を記録した“超低弾道ダブル”の瞬間を米スポーツ専門局「FOXスポーツウェスト」が動画付きで公開。「ものすごーーーーく惜しい!」と驚きの声が漏れている。

エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

本塁打まで「あと数インチ」の二塁打、打球速度は自己最速182キロ超

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は28日(日本時間29日)、敵地マリナーズ戦に「2番・DH」でスタメン出場。第5打席でホームランまであとわずかという弾丸ライナーのフェンス直撃二塁打を放った。初速113.2マイル(約182.1キロ)を記録した“超低弾道ダブル”の瞬間を米スポーツ専門局「FOXスポーツウェスト」が動画付きで公開。「ものすごーーーーく惜しい!」と驚きの声が漏れている。

【特集】「夢を与えてあげてください」世界一を知る名将が日本の指導者に贈る言葉(GROWINGへ)

 地を這うように放たれた白球が、あっという間にフェンスまですっ飛んで行った。大谷が驚異の打球を放ったのは、11-5で迎えた8回2死走者なしの第5打席だった。

 カウント1-1から3球目の96マイル(約154キロ)の甘く入ってきた速球を捉えると、打球は右翼方向へ。しかし、角度は低い。右翼で弾む打球かと思いきや、違った。凄まじいスピードでぐんぐん伸び、右翼フェンスに直撃。それもあとわずかでホームランという打球となった。

 惜しくも10号アーチこそならなかったが、大谷は悠々と二塁に到達する16打席ぶりの安打となった。「FOXスポーツウェスト」は「ものすごーーーーく惜しい! 大谷が放った113マイルの打球は、惜しくもホームランにならず」公式ツイッターにつづり、動画付きで公開している。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集