[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 田中将大、えぐい落差のスプリットで完封劇 米ファン賛辞「タナカは史上最高だ」

田中将大、えぐい落差のスプリットで完封劇 米ファン賛辞「タナカは史上最高だ」

米大リーグ、ヤンキースの田中将大投手が24日(日本時間25日)の敵地レイズ戦に先発。9回105球を投げ、3安打9奪三振1四球で完封勝利を飾った。完封は自身3度目で今季8勝目。ヤンキースは公式ツイッターで、初回の急降下スプリットでの奪三振シーンの動画つきで速報している。

レイズ戦で圧巻の完封を成し遂げた田中将大【写真:Getty Images】
レイズ戦で圧巻の完封を成し遂げた田中将大【写真:Getty Images】

レイズ戦で圧巻の完封、奪三振ショー演出のスプリットが話題

 米大リーグ、ヤンキースの田中将大投手が24日(日本時間25日)の敵地レイズ戦に先発。9回105球を投げ、3安打9奪三振1四球で完封勝利を飾った。完封は自身3度目で今季8勝目。ヤンキースは公式ツイッターで、初回の急降下スプリットでの奪三振シーンの動画つきで速報している。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 田中がまさに圧巻の投球を披露した。奪三振ショーの幕開けは、このボールだ。1点を先制してもらった、初回。先頭のキーアマイヤーに対して、カウント2-2からの5球目だ。決め球に選んだ86.3マイル(約139キロ)のスプリットは打者の手元で急激にブレーキ。左打者のバットから逃げていくように、鋭く変化しながら沈んだ。

 キーアマイヤーが当てにいったバットとボールは、誰が見てもわかるくらい、はっきりと離れていた。圧巻のスプリットなどを軸に田中は4回までパーフェクトに抑えるなど快投。最後までボールのキレは衰えず、三塁を踏ませない完封劇だった。

「ニュースの拡散が始まる、タナカタイムが9イニング」

 ヤンキースはこうツイートしながら、奪三振ショースタートの合図となったスプリットを公開。コメント欄にはファンからの称賛のメッセージが相次いだ。

「このバージョンのタナカのファン」
「マサヒロの帰還」
「タナカは史上最高だ」
「タナカタイムによるなんと熟練した投球内容」
「よくやった!」
「タナカはアメージング」
「タナカセンセイが最高の投球を今日に用意してきた」

 昨年4月のレッドソックス戦以来の完封で8勝目を挙げた田中。暑い季節に背番号19が調子を上げてきた。

1 2
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー