[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、驚異の「3.82」マーク 快音の裏で打ち立てた“今季球団NO1記録”は?

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は21日(日本時間22日)、本拠地アストロズ戦に「5番・DH」でスタメン出場。二塁打2本を放ち、0-7と大敗したチームで一人、気を吐いたが、バット以外にも見せ場を作った。第1打席のセーフティーバントの場面で一塁到達が今季チーム最速の「3秒82」をマーク。米記者がレポートしている。

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

第1打席のセーフティーバントで今季球団最速の「一塁到達3秒82」をマーク

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は21日(日本時間22日)、本拠地アストロズ戦に「5番・DH」でスタメン出場。二塁打2本を放ち、0-7と大敗したチームで一人、気を吐いたが、バット以外にも見せ場を作った。第1打席のセーフティーバントの場面で一塁到達が今季チーム最速の「3秒82」をマーク。米記者がレポートしている。

【特集】「夢を与えてあげてください」世界一を知る名将が日本の指導者に贈る言葉(GROWINGへ)

 大谷が大きなストライドで爆走した。0-0で迎えた2回無死一塁の第1打席だった。その初球、大きな体をさっと縮め、セーフティー気味にバントを繰り出した。自らも生きようと一塁へ全速力で疾走。一気に駆け抜けた。打球がわずかに強く、打球を処理した投手が二塁封殺し、結果的に投ゴロとなってしまったが、この時に驚異の記録が生まれていた。

 公式サイトのデータ解析システム「スタットキャスト」担当のデビッド・アドラー記者は「もし、大谷がバントして一塁までどれほどのスピードで到達するか疑問に思ったのなら…第1打席での彼は3.82秒で一塁まで到達した。これは本塁から一塁への走塁としては、今季の球団最速記録だった」とツイートした。

 一塁到達タイムとしてはトラウトらチームの俊足を抑え、今季の球団最速をマーク。現地映像でも一塁へ疾走する姿が納められており、これまでも度々脚光を浴びてきた二刀流の韋駄天が再び、輝きを放った格好だ。チームは0-7と大敗したが、二塁打2本を放ち、後半戦初マルチをマークした大谷。夏に向け、怪物は着実に調子を上げている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集