[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 未来のW杯の星 14歳・中井卓大、175cm到達 恩師も急進化実感「体の軸はできている」

未来のW杯の星 14歳・中井卓大、175cm到達 恩師も急進化実感「体の軸はできている」

サッカーのスペインリーグの名門、レアル・マドリードのカデーテB(U-15)に所属する14歳・中井卓大は22年ワールドカップ(W杯)カタール大会の星の一人として期待を集めているが、半年間で身長が5センチの急成長を遂げ、175センチに到達していることが明らかになった。

中井卓大と木場克己氏【写真提供:一般社団法人 JAPAN体幹バランス指導者協会】
中井卓大と木場克己氏【写真提供:一般社団法人 JAPAN体幹バランス指導者協会】

レアルU-15の「ピピ君」の急成長が判明、木場トレーナー「かなり順調に成長」

 サッカーのスペインリーグの名門、レアル・マドリードのカデーテB(U-15)に所属する14歳・中井卓大は22年ワールドカップ(W杯)カタール大会の星の一人として期待を集めているが、半年間で身長が5センチの急成長を遂げ、175センチに到達していることが明らかになった。

【特集】“炎の守護神”は今も忘れない 「4年に1度しかない」4回分の記憶 / サッカー 川口能活選手インタビュー(GROWINGへ)

「ピピ(中井の愛称)は身長175センチに伸びていました。かなり順調に成長しています。毎日体幹トレーニングに真面目に取り組んでいるので、去シーズン、チームで一度も怪我がなかったと言っていました。中学3年生ですが、プロ意識も相変わらず高い。本当に感心しました」

 こう語ったのはプロトレーナーの木場克己氏だった。体幹・体軸・バランスを強化する「Koba式体幹・バランストレーニング」の開発者で、競泳のリオデジャネイロ五輪代表・池江璃花子(ルネサンス亀戸)、サッカーの日本代表DF長友佑都(インテル)らトップアスリートの専属トレーナーを務め、JP日本郵政女子陸上部をアドバイザーとして指導。16年に創部3年目にしてクイーンズ駅伝優勝に導いたスペシャリストだ。

 今年1月に一時帰国した際には半年間で身長が3センチアップ。ちょうど170センチに到達していたが、その半年後には、もう175センチを記録。スペイン地元紙に「クリスティアーノ・ロナウドよりも重要」と報じられるほど、サッカー大国のメガクラブで期待を集めている14歳の至宝は、今まさに成長期の真っ只中だ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー