[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、ブルージェイズ獲得をカナダ識者が推薦 NBAの成功例挙げ「時には賭けに…」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は今季、MLB史上初となる規定投球回数と規定打席の同時到達の偉業を達成。二刀流で活躍し、今季終了前、エンゼルスと年俸3000万ドル(約43億4000万円)の1年契約を結んだが、カナダの識者は背番号17獲得をブルージェイズに猛プッシュ。「時には賭けに出なければいけない」とトレードでの獲得を熱望した。

エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

ラプターズに栄冠もたらしたスター選手と比較

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は今季、MLB史上初となる規定投球回数と規定打席の同時到達の偉業を達成。二刀流で活躍し、今季終了前、エンゼルスと年俸3000万ドル(約43億4000万円)の1年契約を結んだが、カナダの識者は背番号17獲得をブルージェイズに猛プッシュ。「時には賭けに出なければいけない」とトレードでの獲得を熱望した。

 カナダのトロント地元放送局「シティTV」の番組「ブレックファスト・テレビジョン」でホストを務めるシド・シクセイロ氏は、同番組のYouTubeチャンネルが公開した動画内で、ブルージェイズが大谷を獲得するべきだと熱弁。「2018年7月18日、良いチームだったラプターズが偉大なチームになろうを決断した日だった。賭けに出て、カワイ・レナードをスパーズから獲得した」と同じ街のNBAチーム・ラプターズの例を引き合いに出した。

 当時、2季連続プレーオフに進出していたラプターズは、チームのエースだったデマー・デローザンに加え、ヤコブ・パートルとドラフト1巡指名権と交換で、スパーズのエースで、フリーエージェント(FA)になるまで1シーズンを残していたレナードとダニー・グリーンを獲得。大型トレードを成立させたラプターズは、同シーズン球団史上初のファイナル優勝を達成。翌シーズンにレナードはFAでクリッパーズに移籍していた。

 シクセイロ氏は「トロントは最終的にタイトルを手にし、カワイは去った。彼が去るのを見るのは辛かったが、その価値はあった」と大型トレードを回顧。当時の状況を現在のブルージェイズに重ね「ブルージェイズは現在良いチームだが偉大ではない。カワイのようなスーパースターがトレード市場に出回っていれば……ちょっとまて、いたぞ。元MVPのショウヘイ・オオタニだ」と大谷獲得にチャレンジするべきだと語った。

「彼はMLB最高の投手の一人であり、MLB最高の打者の一人でもある。そう、二刀流だ。彼はFAになるまで1シーズンを残しており、アナハイムで負け続けることに良い気分ではない。オオタニ獲得への“値段”は高い。しかし1シーズンだけだ。時には賭けに出なければいけない。何が起きるか分からないんだから」

 来季終了後にFAになる大谷。レナードがラプターズでプレーしたように、たとえ1シーズンのみだとしても、今オフに二刀流獲得に乗り出す価値はあると語ったシクセイロ氏。ブルージェイズは今季、2季ぶりにプレーオフに進出するもワイルドカードシリーズでマリナーズの前に敗退。シクセイロ氏はブルージェイズの悲願のワールドシリーズ制覇には、大谷の獲得が必要だと信じているようだ。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集