[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

復活ワイルダー、170秒の破壊的ワンパンKOに海外記者衝撃「相手をトマト缶のように…」

ボクシングの前WBC世界ヘビー級王者デオンテイ・ワイルダー(米国)は15日(日本時間16日)、米ニューヨーク州ブルックリンのバークレイズ・センターで行われた同級12回戦で同級5位ロバート・ヘレニウス(フィンランド)に初回KO勝ちした。ヘビー級にもかかわらず、約11キロ減量して臨んだ1年ぶりの再起戦。海外メディアが続々と動画を公開すると、記者たちに「相手をトマト缶のようにした」と衝撃を与えた。

ヘビー級12回戦、初回KO勝ちしたデオンテイ・ワイルダー【写真:Getty Images】
ヘビー級12回戦、初回KO勝ちしたデオンテイ・ワイルダー【写真:Getty Images】

ワイルダーが再起戦で衝撃KO

 ボクシングの前WBC世界ヘビー級王者デオンテイ・ワイルダー(米国)は15日(日本時間16日)、米ニューヨーク州ブルックリンのバークレイズ・センターで行われた同級12回戦で同級5位ロバート・ヘレニウス(フィンランド)に初回KO勝ちした。ヘビー級にもかかわらず、約11キロ減量して臨んだ1年ぶりの再起戦。海外メディアが続々と動画を公開すると、記者たちに「相手をトマト缶のようにした」と衝撃を与えた。

 ワイルダーは健在だった。初回、厚みのある相手に圧力をかけられた。ボディーなどを返しながら迎えたラウンド終盤。コーナーに詰められたが、相手が打ってきたところに右カウンターを打ち返した。相手の巨体は仰向けに。一撃で決め、わずか約170秒で決着した。

 海外記者たちもツイッターで続々と反応。英ラジオ局「トークスポーツ」のマイケル・ベンソン記者は「初回にワイルダーが非常に重い右でヘレニウスをKO。華々しく復活した」とつづった。過去に米スポーツ専門局「ESPN」で記者を務めていたスティーブ・キム氏は「これで以上だ。ワイルダーがロープ際で巨大な右を着弾。初回でヘレニウスをKOした」と詳報した。

 フィリピン紙「ザ・フィリピンスター」のディーノ・マラゲイ記者は「ワイルダーはもしかすると全力の4分の1くらいの右で倒したのではないか。ヘレニウスをトマト缶のようにした」と興奮した様子を記した。42勝(41KO)の驚異的戦歴を誇っていたワイルダーは、昨年10月にタイソン・フューリーに連敗。かつてのスパーリングパートナーを相手にした再起戦で復活を印象付けた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集