[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

八村塁、11得点&10リバウンド 日本凱旋Wダブル締めをHC評価「今日も凄く良かった」

米プロバスケットボール(NBA)のプレシーズンマッチの第2戦が2日、さいたまスーパーアリーナで行われ、八村塁が所属するウィザーズは昨季王者のウォリアーズに95-104で敗れた。八村は26分21秒の出場で、11得点、10リバウンドのダブルダブルを達成した。ウェス・アンセルドヘッドコーチ(HC)はリバウンダーとしての進化を高く評価。4シーズン目の開幕スタメンに猛アピールとなった。

ウォリアーズで11得点、10リバウンドのダブルダブルを達成したウィザーズの八村塁【写真:Getty Images】
ウォリアーズで11得点、10リバウンドのダブルダブルを達成したウィザーズの八村塁【写真:Getty Images】

ウォリアーズ戦で奮闘、開幕スタメン猛アピール

 米プロバスケットボール(NBA)のプレシーズンマッチの第2戦が2日、さいたまスーパーアリーナで行われ、八村塁が所属するウィザーズは昨季王者のウォリアーズに95-104で敗れた。八村は26分21秒の出場で、11得点、10リバウンドのダブルダブルを達成した。ウェス・アンセルドヘッドコーチ(HC)はリバウンダーとしての進化を高く評価。4シーズン目の開幕スタメンに猛アピールとなった。

 凱旋試合で八村はゴール下で強烈な存在感を放った。もぎ取ったリバウンドは両チーム最多となる10。アンセルドHCは試合後の記者会見で教え子の成長に目を細めた。「今日も凄く良かった。(リバウンドは)この夏、ずっと彼に言い聞かせている部分でもある。彼のサイズならインパクトを与えられる。ディフェンスリバウンドでも能力を証明した」と語った。

会見で語るウェス・アンセルドヘッドコーチ【写真:編集部】
会見で語るウェス・アンセルドヘッドコーチ【写真:編集部】

 スモールフォワードで先発奪回を目指す八村だが、身長203センチ、ウイングスパン218センチとパワーフォワードでも十分通用する体格を誇る。「ボールも運べるし、リムにアタックすることもできる。あれだけデカい体格なのだから、リバウンドでは有効だ」と指揮官は高く評価。昨季はベンチスタートが多かったが、スタメン奪回に大いにアピールした。

 今回は八村にとっては待望の母国凱旋となったが、アンセルドHCは「今回の来日経験をみんな楽しんでいたよ。ルイがその大きな部分と思う。彼の長所や個性がどんどん出ていた。彼もハッピーで、エキサイティングだったよ」と総括した。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集