[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「マキバオーの世界だ」と話題 欧州競馬G1衝撃の外ラチ大斜行→20馬身差Vに調教師は…

管理する調教師も驚く衝撃の圧勝劇だった。凱旋門賞前日の1日、同じフランス・ロンシャン競馬場で行われたカドラン賞(芝4000メートル)で先頭を走る馬がラスト200メートルで外ラチまで大斜行しながら20馬身差で勝った。ファンの間で「マキバオーの世界」「リフレイムより凄い」と話題になったレースについて、調教師は「家に帰ろうと思ったんだろう」とユーモアあふれるコメントを残した。

キプリオス【写真:Getty Images】
キプリオス【写真:Getty Images】

カドラン賞で欧州最強長距離馬キプリオスが衝撃の圧勝

 管理する調教師も驚く衝撃の圧勝劇だった。凱旋門賞前日の1日、同じフランス・ロンシャン競馬場で行われたカドラン賞(芝4000メートル)で先頭を走る馬がラスト200メートルで外ラチまで大斜行しながら20馬身差で勝った。ファンの間で「マキバオーの世界」「リフレイムより凄い」と話題になったレースについて、調教師は「家に帰ろうと思ったんだろう」とユーモアあふれるコメントを残した。

 ラスト1ハロンに驚きの展開が待っていた。欧州伝統の長距離G1。道中2、3番手につけていた1番人気のキプリオス(牡4)は終盤のフォルスストレートで先頭に立ち、4角から直線を迎えると、一気に後続を突き放した。5馬身、10馬身と差をつけ、ラスト200メートルを切ったあたりだ。内ラチ沿いを走っていたキプリオスが突然、外に膨らんだ。内の荒れた馬場を嫌ったのか、スタミナ切れか。鞍上のライアン・ムーア騎手も必死に手綱をしごき、左ムチを入れるが、どんどん外へ。

 なんと、そのまま直線を横切るようにして外ラチに到達。先頭で駆け抜けたのだ。しかし、2着には20馬身差の圧勝。これで6連勝、G1・4連勝を飾り、欧州最強ステイヤーのキプリオスだったが、ラスト1ハロンで演じた驚きの結末にはファンも仰天。英専門メディア「アット・ザ・レーシーズ」公式ツイッターが投稿した映像には、多くの反響が寄せられた。

 このレースについて「アット・ザ・レーシーズ」は公式サイトでも記事を掲載。「彼は本当に素晴らしい馬だ。巨大なエンジンを誇り、肺活量も素晴らしい。明らかに驚くべき精神力も持っている」と強さを称賛した上で、管理するエイダイ・オブライエン調教師が「彼はゲートを見て『よし、俺の仕事は終わった』と思ったんだろう。『家に帰るぞ!』ってね。直線で真っすぐ走れなかったのはそのせいかもしれない」とユーモアたっぷりに振り返ったことを伝えた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集