[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大会連覇の松山英樹に称賛の声 米専門家が指摘する「明らかな強み」とは

世界ランク5位の松山英樹(レクサス)は、米男子プロゴルフツアーの「ウェイスト・マネジメント・フェニックス・オープン」で連覇を果たし、米ツアー4勝目を挙げた。逆転勝利を飾った松山について、PGA公式サイトも注目。現役プロゴルファーがその強さを解説している。

PGA公式サイトでティーチングプロが解説、精神力を高く評価

 世界ランク5位の松山英樹(レクサス)は、米男子プロゴルフツアーの「ウェイスト・マネジメント・フェニックス・オープン」で連覇を果たし、米ツアー4勝目を挙げた。逆転勝利を飾った松山について、PGA公式サイトも注目。現役プロゴルファーがその強さを解説している。

 同サイトが解説を依頼したのはPGAツアーに参加し、ティーチングプロでもあるデイビット・ハットセル。記事の中で、松山が最終日に4打差を逆転して勝利したことについて問われると「多くの人は、その状況はより重圧が少ないと言います。自分自身、それに同意します。ここ最近のゴルフトーナメントを見ていると、どんなに低い順位の選手がショットを打っていようとも、(上位の選手は)安心はできない」と指摘。そして、松山の強さについて以下のように解説している。

「彼はティーショットで長い距離を打てており、それは明らかに強みだ。またパットに関しても非常に安定している。彼はティーショットでフェアウェイをしっかりとキープする。そうすればショートアイアンでグリーンへとアプローチするチャンスが増えていく。距離はすべてではないとはいえ、アドバンテージとなる」

 ハットセルは、松山のショットの安定感をこう評価している。

 さらに、「もし追う立場でプレーしているのならば、ポジティブな姿勢を忘れないでほしい。心に少しでも迷いがあれば、確実にショットへと影響します」とも話し、日本人ゴルファーのメンタルにブレがなかったことも評価したという。24歳にして不動心を感じさせる松山のゴルフは、米国の専門家も唸らせるものだったようだ。

【了】

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集