[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

女子ダブルス優勝杯は“日本の伝統”を形に ユニークな逸品手に海外選手はニッコリ

女子テニスの東レ・パンパシフィック・オープンは25日に東京・有明の森テニス公園で決勝が行われ、ダブルスはガブリエラ・ダブロウスキー(カナダ)、ジュリアナ・オルモス(メキシコ)組がストレート勝ちし、優勝を飾った。女子テニス協会(WTA)は公式インスタグラムで2人に贈られたユニークなトロフィーの写真を公開している。

ダブルスで優勝を飾ったガブリエラ・ダブロウスキー、ジュリアナ・オルモス組【写真:Getty Images】
ダブルスで優勝を飾ったガブリエラ・ダブロウスキー、ジュリアナ・オルモス組【写真:Getty Images】

東レ・パンパシフィック・オープン、ダブルスを制した2人に贈られたのは…

 女子テニスの東レ・パンパシフィック・オープンは25日に東京・有明の森テニス公園で決勝が行われ、ダブルスはガブリエラ・ダブロウスキー(カナダ)、ジュリアナ・オルモス(メキシコ)組がストレート勝ちし、優勝を飾った。女子テニス協会(WTA)は公式インスタグラムで2人に贈られたユニークなトロフィーの写真を公開している。

 コート上での表彰式で笑顔を見せるダブロウスキーとオルモス。2人が持っているのは羽子板状の優勝トロフィーだ。シングルスを制したリュドミラ・サムソノワには蒔絵が施された漆器皿が送られており、趣が異なるがこちらも日本の風情が見事に反映されている。松の木と富士山、さらに桜の絵が描かれ、やはり蒔絵が施されている。

 WTA公式ツイッターは「第2シードのガブリエラ・ダブロウスキーとジュリアーナ・オルモスが今年2個目のトロフィーを東レ・パンパシフィック・オープンで獲得した」との文面とともに写真を公開。日本ファンからは「ダブルスは羽子板なのね」「トロフィーが日本らしくて、外国人選手は嬉しいだろうなぁ」などと関心が寄せられていた。

 ダブロウスキー/オルモス組は5月のマドリード・オープン以来となる今季2勝目。ダブロウスキーは別の選手と組んだ前週のチェンナイ・オープンに続く2週連続でのタイトル獲得となった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集