[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ボクシング5勝5KOのミライモンスター松本圭佑 6戦目は長期戦希望「じっくり攻める」

ボクシングのフェザー級(57.1キロ以下)ノンタイトル8回戦が13日、東京・後楽園ホールで行われる。12日は都内で前日計量が行われ、日本同級9位・松本圭佑(大橋)と相手の石田凌太(角海老宝石)がともにクリアした。デビューから5勝(5KO)の松本は、長いラウンドで経験を積みたい意向を示した。石田の戦績は11勝(6KO)3敗。

前日計量をクリアしポーズをとる松本圭佑【写真:浜田洋平】
前日計量をクリアしポーズをとる松本圭佑【写真:浜田洋平】

フェザー級ノンタイトル8回戦

 ボクシングのフェザー級(57.1キロ以下)ノンタイトル8回戦が13日、東京・後楽園ホールで行われる。12日は都内で前日計量が行われ、日本同級9位・松本圭佑(大橋)と相手の石田凌太(角海老宝石)がともにクリアした。デビューから5勝(5KO)の松本は、長いラウンドで経験を積みたい意向を示した。石田の戦績は11勝(6KO)3敗。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 松本はあえて長期戦を思い描いている。2020年8月のプロデビューから5試合で初回決着は3度。最長で5回だった。今年6月には、タイ・スーパーバンタム級1位ナクハリン・ハンギュ(タイ)との58.0キロ契約8回戦で1回42秒TKO勝利。デビュー5連勝を飾ったが、満足していない。

「プロとして経験ができていない。長いラウンドを経験しておきたい気持ちもある。キャリアを積むために大事に戦いたいですね。相手は勢いもあってビビらずパンチを打ってくる。自分はアマ上がりですけど、プロらしいボクシングでじっくり攻めていきたいです」

 アマチュア時代にしのぎを削った堤駿斗(志成)が、7月のプロデビュー戦で8回判定勝ち。世界ユース選手権で日本人初優勝するなど快挙を達成したライバルに対し、松本は「堤がデビューして意識する部分もある。焦りじゃないけど、(長いラウンドを経験して)いいなと。プロとしてキャリアを積んでいる。今回は5、6、7回あたりに倒すイメージです」と意気込んだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集