[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ヤンキース怪力スタントンが76km超遅球撃ち弾丸25号 米仰天「打球速度との差は87km」

米大リーグで珍本塁打が生まれた。ヤンキースの怪力ジャンカルロ・スタントン外野手が10日(日本時間11日)の本拠地レイズ戦で、点差がついた終盤に登板した野手から弾丸25号ソロ。それが47マイル(約75.7キロ)という超遅球だった。米ファンからは「リトルリーグか?」と驚きの声が上がっている。

ヤンキースのジャンカルロ・スタントン【写真:Getty Images】
ヤンキースのジャンカルロ・スタントン【写真:Getty Images】

相手は野手登板、MLB公式ツイッター「47マイルの球を消し去った」

 米大リーグで珍本塁打が生まれた。ヤンキースの怪力ジャンカルロ・スタントン外野手が10日(日本時間11日)の本拠地レイズ戦で、点差がついた終盤に登板した野手から弾丸25号ソロ。それが47マイル(約75.7キロ)という超遅球だった。米ファンからは「リトルリーグか?」と驚きの声が上がっている。

【注目】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 超遅球を弾丸ライナーで打ち返した。9-3とリードした8回、レイズがマウンドに送ったのは捕手のベタンコート。1死で打席に立ったスタントンは1ストライクからの2球目に投じた山なりのボールにタイミングを合わせた。すり足気味に1度軽く上げた左足をもう一度上げ、豪快にフルスイング。投球とは対照的な超高速な打球はレフトへすっ飛んでいった。レフトポールに直撃。25号ソロとなった。

 球速は47マイルに対し、打球速度は101.9マイル(約164キロ)という一発。スタントン自身、故障者リスト入りもあり、7月15日レッドソックス戦以来となる本塁打となった。MLB公式ツイッターは「ジャンカルロ・スタントンが47マイルの球を消し去った」と動画付きで紹介した。

 返信欄では、米ファンから「リトルリーグか?」「キャッチャーが投げていたのか」「野手登板させるには早いだろ」「笑ってしまう」「文字通り打撃練習」「いじめだ」「打球速度との差は54マイル(約86.9キロ)」と驚きの声が続々と上がった。試合は10-3でヤンキースが快勝している。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集