[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • ミケルソンの“故意打ち”に米メディア騒然「衝撃的ルール破り」「そろそろ大人になれ」

ミケルソンの“故意打ち”に米メディア騒然「衝撃的ルール破り」「そろそろ大人になれ」

米男子ゴルフの4大メジャー第2戦・全米オープン第3日は16日、フィル・ミケルソン(米国)がグリーン上で動いている球を打つという“故意打ち”で2打罰則を受けるという珍事が発生。大会公式、PGAツアー、米スポーツ専門局「FOXスポーツ」などが実際の映像を続々と公開し、米メディア、ファンも騒然。「ショッキングなルール破り」「そろそろ大人になるべき」などと批難の声が上がっている。

動いているボールを打つ違反で2打罰則、批難が殺到「これはいただけない」

 米男子ゴルフの4大メジャー第2戦・全米オープン第3日は16日、フィル・ミケルソン(米国)がグリーン上で動いている球を打つという“故意打ち”で2打罰則を受けるという珍事が発生。大会公式、PGAツアー、米スポーツ専門局「FOXスポーツ」などが実際の映像を続々と公開し、米メディア、ファンも騒然。「ショッキングなルール破り」「そろそろ大人になるべき」などと批難の声が上がっている。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広さん、秋本真吾さん(GROWINGへ)

 前代未聞の珍事は13番のグリーン上で発生した。

 ミケルソンが3メートルの位置から狙ったパットはカップをオーバーし、傾斜を下り始めた。次の瞬間、何を思ったのか、この日48歳を迎えた名手は小走りでボールに追いつくと、まだ動いている状態のボールを反対方向のカップに打ち返してしまった。これは当然、違反行為。結果的に2打の罰則が与えられ、このホールは10打で大叩きとなった。

 大会公式、PGAツアー、FOXスポーツなどが公式ツイッターで実際の映像をこぞって紹介。映像を観るとミケルソンは打った瞬間、ボールに走り寄り、何の躊躇もなくボールを打ち返していることが見て取れる。

 FOXスポーツは「あの時、あのまま下がるよりも、2ショットペナルティを受けて、進んでいこうと思った。侮辱の気持ちがあったわけではない」という本人のコメントとともにツイート。本人も故意にルールを破ったことを認めた驚きのシーンを目の当たりにしたファンからは返信欄で批難の声が上がった。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー