[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平28号に元WBC監督も驚愕 ケタ外れのパワーに「彼は最も物騒な筋肉の持ち主だ」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は28日(日本時間29日)、敵地ブルージェイズ戦に「3番・DH」で先発。7回の第4打席で10試合ぶりの28号2ランを放つなど、4打数3安打2打点1四球と猛打賞を記録した。逆方向への一発には敵地の解説者も驚いた様子。中継映像内で「私に言わせれば彼は最も物騒な筋肉の持ち主」などと称賛している。

7回の第4打席で10試合ぶりの28号2ランを放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
7回の第4打席で10試合ぶりの28号2ランを放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

敵地実況席で解説の元WBC米国代表監督が驚き

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は28日(日本時間29日)、敵地ブルージェイズ戦に「3番・DH」で先発。7回の第4打席で10試合ぶりの28号2ランを放つなど、4打数3安打2打点1四球と猛打賞を記録した。逆方向への一発には敵地の解説者も驚いた様子。中継映像内で「私に言わせれば彼は最も物騒な筋肉の持ち主」などと称賛している。

【注目】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 逆方向へ運んだ強烈なパワーに、敵地の実況席からも驚きの声があがった。3点リードの7回2死二塁。大谷は左腕メイザのシンカーを逆らわずにレフト方向へ。高く上がった打球はフェンスを悠々と越える28号2ランとなった。これで猛打賞。スタジアムに集まったブルージェイズファンも静まり返った。

 この一発に対し、試合を中継した地元中継局「スポーツネット・カナダ」の実況席からは驚きの声があがった。「オオタニが逆方向に運んだ。エンゼルスはこの試合3本目の本塁打」と実況のダン・ロブソン氏が伝えると、過去2年間ブルージェイズの監督を務め、2006年のWBC米国代表監督だったバック・マルティネス氏はこう表現した。

「とんでもないパワーを持っている。左翼に運ぶマッスルがある。私に言わせれば彼は最も物騒な筋肉の持ち主。あの右腕は球を投げるし、打球を打ち上げることもできる」

 ケタ外れのパワーをこう表現したマルティネス氏に対し、ロブソン氏も「素晴らしい才能ですね」と同意。大谷の一発もあってエンゼルスは8-3で勝利。敵地で3連勝を飾っている。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集