[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、敵地少年も悶絶した行動を海外称賛「純粋に良い人」「少年が悲鳴上げた」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は26日(日本時間27日)、敵地ブルージェイズ戦に「3番・DH」で先発。5打数1安打2打点で12-0の快勝に貢献した。海外記者は少年ファンに歓喜の悲鳴を上げさせた“神対応”にも注目。海外ファンからは「投打でとんでもない才能があり、純粋に良い人なんて不公平」とコメントが寄せられた。

エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

敵地ブルージェイズ戦の試合前に大谷がファン対応

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は26日(日本時間27日)、敵地ブルージェイズ戦に「3番・DH」で先発。5打数1安打2打点で12-0の快勝に貢献した。海外記者は少年ファンに歓喜の悲鳴を上げさせた“神対応”にも注目。海外ファンからは「投打でとんでもない才能があり、純粋に良い人なんて不公平」とコメントが寄せられた。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 敵地トロント入りした大谷。取材に訪れた多くのメディアから熱視線を浴びる中、球場ではブルージェイズのユニホームや青い帽子を被ったファンの前でサイン対応。カナダのトロント地元紙「トロント・スター」のコラムニスト、マイク・ウィルナー氏はツイッターで「大勢の日本メディアが待つ中、オオタニはそこを通り過ぎ、打撃練習の後ろで何人かの子どもたちにサインしていた」とファンサービスを伝えた。

 MLB公式サイトのブルージェイズ番キーガン・マシソン記者も、スタンドでの一幕に注目。ツイッターで「『ショウヘイ・オオタニが手を振ってくれた! オーマイガー!』 記者席の下の少年が悲鳴を上げている」と説明。手を振っただけでファンが“悶絶”するほど大喜びしたようだ。

 少年ファンの心を鷲掴みにした大谷のファンサービス。トロント地元紙「トロント・スター」を発行するメディア企業「Torstar」のアイリー・ジェントル副会長も、「オオタニが私のいる大体の方向に手を振ってくれたら、同じように悲鳴を上げるわ」と反応。海外ファンからも「背が高くてハンサム。投打でとんでもない才能があり、純粋に良い人。一人の人間にこれだけあるなんて不公平だ」と称賛の声が寄せられた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集