[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

PK戦でキッカーが8秒フリーズ 仕掛けた“心理戦”に海外爆笑「画面は止まっていない」

海外サッカー、ポルトガル2部リーグの試合で生まれた奇妙なPKが注目を集めている。PKを任された選手が蹴るモーションに入りながら、8秒も静止。GKを幻惑させてからシュートを放って見事にゴールを決めた。海外ファンが仰天する中、英メディアからは「あなたの画面はフリーズしていません」といった爆笑報道もされている。

ポルトガル2部リーグで驚きのPKが生まれた(写真はポルトガルリーグ公式ツイッターのスクリーンショット)
ポルトガル2部リーグで驚きのPKが生まれた(写真はポルトガルリーグ公式ツイッターのスクリーンショット)

ポルトガルリーグ2部のフェイレンセ―レイションイス戦

 海外サッカー、ポルトガル2部リーグの試合で生まれた奇妙なPKが注目を集めている。PKを任された選手が蹴るモーションに入りながら、8秒も静止。GKを幻惑させてからシュートを放って見事にゴールを決めた。海外ファンが仰天する中、英メディアからは「あなたの画面はフリーズしていません」といった爆笑報道もされている。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 驚きのPKが見られたのは現地時間21日に行われたポルトガル2部リーグのフェイレンセ―レイションイス戦。1点ビハインドで迎えたフェイレンセは後半20分にPKを獲得し、ギニアビサウ人FWジャルデウ・シルバがペナルティースポットにボールを置いた。すると、助走を取らずにその場でキックモーションに移行。右足を振りかぶると、何とそのまま8秒間も静止した。

 これに合わせてレイションイスのGKも静止。だが微妙な心理戦の後、シルバは右足を振り抜くと、ボールは右隅に決まって同点となった。ポルトガルリーグ公式ツイッターは動画を公開。海外ファンからは「笑いました」「肝が据わっている」「過去最もおかしなPK」「面白いアプローチ」「何だこれ」「テクニックではない」といった爆笑と仰天が入り混じったコメントが寄せられた。

 実はこの“静止PK”は試合終了間際にも見られた。後半アディショナルタイムにフェイレンセが再びPKを獲得。またもキッカーとなったシルバは1点目同様に右足を振りかぶったまま、今度は10秒静止。しかし、右隅へのシュートはコースが甘く、GKにセーブされて決勝点とはならなかった。

 この珍光景は英1部プレミアリーグなども報じる英紙「デイリーメール」も「あなたの画面はフリーズしていません! ポルトガル2部の選手が奇妙なPKにトライ、蹴る前にフリーズした」との見出しで紹介。「フェイレンセのジャルデル・シルバは1-1に終わったレイショエンス戦で奇妙なPKを披露した。ちなみにこのPKは成功したが、延長での試合を決められるPKでは同じようにトライして、失敗に終わっている」としっかり“オチ”まで報じている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集