[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

故意にボークを犯すMLB投手が出現 その理由に米注目「クレイジー」「野球は面白い」

米大リーグでまさかの“珍光景”に注目が集まっている。16日(日本時間17日)、ホワイトソックスの投手がセットポジションからボールを落とし、ボークを献上。アストロズの走者を故意に進塁させるという作戦をとったようで、米ファンからは「賢い野球」「この作戦はクレイジー」といった声が上がっている。

アストロズ戦で先発したホワイトソックスのディラン・シーズ投手【写真:ロイター】
アストロズ戦で先発したホワイトソックスのディラン・シーズ投手【写真:ロイター】

ホワイトソックスのシーズが選択した“故意”のボーク

 米大リーグでまさかの“珍光景”に注目が集まっている。16日(日本時間17日)、ホワイトソックスの投手がセットポジションからボールを落とし、ボークを献上。アストロズの走者を故意に進塁させるという作戦をとったようで、米ファンからは「賢い野球」「この作戦はクレイジー」といった声が上がっている。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 ホワイトソックスの本拠地で行われたアストロズ戦。問題のシーンは、ホワイトソックスが1-3とリードされた5回2死二塁の守備で生まれた。

 マウンド上の先発ディラン・シーズが、5番カイル・タッカーと対峙。セットポジションに入ったが、突然ボールを右手から落とした。当然、球審はボークを宣告。二塁走者ブレグマンは三塁進塁が許された。しかし、シーズは全く慌てる素振りはなかった。

 米データ分析会社「コディファイ・ベースボール」公式ツイッターは「ディラン・シーズの意図的なボーク」との文言で動画を公開。米イリノイ州地元局「NBCスポーツ・シカゴ」も、シーズのボークは故意によるもので、二塁走者によるサイン盗みの対策を取ったものだと記事で報じた。

 動画を見た米ファンからは「賢い野球」「サイン盗みだと思ったから?」「これは面白い」「アストロズにサインのリレーはさせない」「この作戦はクレイジー」「野球って面白いね」など、さまざまな意見が寄せられている。結局、シーズはタッカーを中飛に打ち取り、5回3失点で降板。7回に追いついたホワイトソックスは8回に勝ち越し点を奪い、4-3で勝利した。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集