[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、CY賞候補投手とそっくりの“新魔球” 衝撃の変化に米驚愕「エイリアンだ」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は15日(日本時間16日)、本拠地マリナーズ戦に「2番・投手兼DH」で先発出場。6回7安打2失点、8奪三振と力投したが今季11勝目はならなかった。この試合で大谷が投じた変化球が米国で話題となっている。米データ分析会社はナ・リーグのサイ・ヤング(CY)賞候補投手と比較し「エイリアンだ」と衝撃を伝えている。

エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

マリナーズ戦で投じたシンカーが米話題

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は15日(日本時間16日)、本拠地マリナーズ戦に「2番・投手兼DH」で先発出場。6回7安打2失点、8奪三振と力投したが今季11勝目はならなかった。この試合で大谷が投じた変化球が米国で話題となっている。米データ分析会社はナ・リーグのサイ・ヤング(CY)賞候補投手と比較し「エイリアンだ」と衝撃を伝えている。

【特集】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 初回から“新魔球”を披露した。1死走者なしでタイ・フランス内野手を右打席に迎えた3球目だ。内角へ食い込むような軌道の97.4マイル(約156.7キロ)の一球。反応したフランスのバットは豪快に空を切った。18インチ(約45.7センチ)も曲がった変化球。MLBのデータ解析システム「スタットキャスト」は「シンカー」と記録していた。

 実際の動画を「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる米国の投球分析家ロブ・フリードマン氏が自身のツイッターで公開。米ファンからは「ちょっと待って……シンカーだと??」「シンカーを持ち球に加えたの??」「凄すぎるな」「現実とは思えないよ」「何を投げてるだって?」と驚愕の声が上げられていた。

 米データ分析会社「コディファイ・ベースボール」公式ツイッターもこれに反応。動画を引用し、文面では「サンディ・アルカンタラ、2022年のシンカーの平均:球速97.6マイル、縦変化21.4インチ、横変化17.7インチ。ショウヘイ・オオタニ、昨晩のシンカーの平均:球速97.4マイル、縦変化21.5インチ、横変化17.2インチ。エイリアンたちだけがこれを6種目の持ち球にしている」とつづった。

 「スタットキャスト」によると、大谷は昨日の登板で6球のシンカーを投じていた。MLB公式サイトなどナ・リーグのCY賞有力候補に挙げられているマーリンズのアルカンタラ。今季リーグ1位の防御率1.92を誇る右腕も顔負けの“新魔球”に注目が集まっていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集