[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、ジャッジとのMVP争いにカナダ識者主張「意味ある試合をしている選手に…」

MVPにジャッジを推す理由は「ヤンキースからジャッジを抜いたら…」

 エンゼルスが最後にポストシーズンに進出したのは2014年で、ロイヤルズに3連敗して敗退している。ブレア氏は、長年低迷が続くチームでの個人成績は評価していないようだ。それでも、バーカー氏は「ブラディミール・ゲレーロJr.は昨季、最後まで意味のある試合をしていたが、MVPを受賞したか?」とチクリ。打率.311、48本塁打、123打点と大爆発したブルージェイズの主砲の“前例”を挙げた。

 ブレア氏は「アーロン・ジャッジは60本塁打打つぞ。彼がMVPを受賞しないわけがない。ヤンキースでプレーしているのだし」と断言。バーカー氏が大谷の二刀流選手としての価値を強調する中、ブレア氏は「ヤンキースで60本塁打を打って地区優勝したら、彼(ジャッジ)がMVPを受賞しない訳がない」と話し、こう続けた。

「こう見てみようじゃないか。エンゼルスからショウヘイ・オオタニを抜いたらどうだ? 彼らはより良いチームになるか? それともより悪くなる? ヤンキースからジャッジを抜いたら? それでも71勝で地区首位か? そんなわけがない! 自分にとっては簡単な投票だよ」

 2季連続でのMVP受賞となれば、ア・リーグでは2012年と13年に受賞しているタイガースのミゲル・カブレラ内野手以来。二刀流の活躍でMVP受賞レースが熱を帯びてきているようだ。

(THE ANSWER編集部)



1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集