[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 悲劇でしかない… まさかの“サヨナラ弾”アシストに米ファン同情「見てて辛かった」

悲劇でしかない… まさかの“サヨナラ弾”アシストに米ファン同情「見てて辛かった」

米国の大学野球で相手の“ホームラン”をアシストする悲劇が生まれた。同点の最終回に右翼へのライナー性の打球にジャンピングキャッチを試みた右翼手がグラブで弾き、スタンドインさせてしまいまさかのサヨナラ負け。痛恨の瞬間を、MLB公式サイトの動画コーナー「Cut4」の公式インスタグラムが紹介。「見てて辛かった」など、ファンの同情を誘っている。

まさかの“サヨナラ弾”アシストをしたウィリアムズ(画像はスクリーンショットです)
まさかの“サヨナラ弾”アシストをしたウィリアムズ(画像はスクリーンショットです)

米大学野球でライナーを弾き“サヨナラ弾”をアシストしてしまう悲劇が発生

 米国の大学野球で相手の“ホームラン”をアシストする悲劇が生まれた。同点の最終回に右翼へのライナー性の打球にジャンピングキャッチを試みた右翼手がグラブで弾き、スタンドインさせてしまいまさかのサヨナラ負け。痛恨の瞬間を、MLB公式サイトの動画コーナー「Cut4」の公式インスタグラムが紹介。「見てて辛かった」など、ファンの同情を誘っている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 痛恨のミスというか、運が悪かったというべきか……。11日のNCAA(全米体育協会)の試合。延長11回。フロリダ大の攻撃、一発が出ればサヨナラの場面で強いライナー性の打球が右翼を襲う。バックしながら捕球を試みるオーバーン大の右翼手ウィリアムズは、打球に追いつき、ジャンプしながらグラブを差し出した。次の瞬間だ。

 ボールを勢い良く弾き、捕球に失敗。それどころか、弾かれた白球が低い右翼フェンスを越えてしまったのだ。なんという悲劇だろうか。一瞬、何が起きたかわからず周囲を見渡すウィリアムズ。しかし、フロリダ大ナインは喜びを爆発させている。サヨナラ“ホームラン”をアシストしてしまったことがわかると、両手を膝についてしばらく動けなかった。

 まさかのプレーを「Cut4」が公開。「勝利の喜び。敗北の苦痛」とタイトルをつけ、コントラストを浮かび上がらせている。ファンからは同情のコメントが続々とつけられた。

1 2 3
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー