[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

全米が泣いた少年野球のスポーツマンシップ NY州知事も、現役MLB投手も「最高だ!」

米国で行われている野球のリトルリーグ・ワールドシリーズ(サウスウェスト地区選手権)で起きたシーンに大きな反響が広がっている。9日(日本時間10日)、頭部死球を与えた投手が動揺し、マウンドで涙を流すと、当てられた打者が歩み寄ってハグ。その模様を米メディアが動画で公開し、ファンの間で話題になっていたが、歌手、政治家、スポーツ選手などからも声が寄せられた。

米リトルリーグで感動の光景に絶賛の嵐が巻き起こっている(画像は「ESPN」が公式ツイッターのスクリーンショットより)
米リトルリーグで感動の光景に絶賛の嵐が巻き起こっている(画像は「ESPN」が公式ツイッターのスクリーンショットより)

リトルリーグの試合で起きたシーンが再生350万超

 米国で行われている野球のリトルリーグ・ワールドシリーズ(サウスウェスト地区選手権)で起きたシーンに大きな反響が広がっている。9日(日本時間10日)、頭部死球を与えた投手が動揺し、マウンドで涙を流すと、当てられた打者が歩み寄ってハグ。その模様を米メディアが動画で公開し、ファンの間で話題になっていたが、歌手、政治家、スポーツ選手などからも声が寄せられた。

【特集】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 感動の場面は初回2死一、二塁。テキサスイーストのケイデン・シェルトンがオクラホマ州タルサの右打者アイザイア・ジャービスに投じた一球が頭部に直撃した。打者はその場で倒れ込み、球場も騒然とした様子だ。マウンドで立ち尽くす投手。動揺したのか、ずっとうつむいていると、一塁から歩み寄ってきたのは死球を受けた打者だった。そっと寄り添うようにハグ。耳元で何か言葉を掛けた。

 すると、ナインも駆け寄って肩を叩く。客席もスタンディングオベーションとなり、涙を流す人もいた。投手にとっては、この頭部死球がトラウマになり、今後の競技生活に響く可能性もあるが、少年同士が繰り広げた心優しいシーンは、米スポーツ専門局「ESPN」公式ツイッターが「頭部に死球を受けた後、このリトルリーグの選手が投手を慰め、真のスポーツマンシップを示した」と紹介すると、大きな話題になった。

 再生回数は350万回を突破し、時間とともにファンのみならず、ツイッター上では著名人も続々反応。米人気歌手シェリル・クロウは「リトルリーグ選手を持つ母として、これには込み上げてくるものがあったわ! よくやったわ、アイザイア!」とつづり、ニューヨーク州のキャシー・ホウクル知事は「これのおかげで良い朝になった! 我々の子どもたちは希望だわ」と称えた。

 また、スポーツ界でも元MLB名選手フレッド・リンは「長い間野球をしてきたが、これほどの思いやりは見たことがない。涙が出た。アイザイア・ジャービス、よくやった」と称賛し、ブルージェイズのMLB現役投手ケビン・ゴーズマンも「これは最高だ!」と反応した。試合はテキサスイーストが9-4で勝利を収め、17日から28日にペンシルベニア州ウィリアムズポートで行われるリトルリーグ・ワールドシリーズ進出を決めた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集