[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

全豪OP出場中のフランス人選手の胸を打った1通の手紙「ボールキッド180番より」

テニスの全豪オープンに出場しているフランス人選手と大会のボールガールを務めた少女との心温まるエピソードが話題を呼んでいる。世界ランク12位のジョー=ウィルフリード・ツォンガ(フランス)が自身のツイッターで発信したもので、英紙「デイリー・ミラー」電子版など複数メディアも伝えている。

20170123_tsonga

8強進出のツォンガがツイッターで公開した1通の手紙

 テニスの全豪オープンに出場しているフランス人選手と大会のボールガールを務めた少女との心温まるエピソードが話題を呼んでいる。世界ランク12位のジョー=ウィルフリード・ツォンガ(フランス)が自身のツイッターで発信したもので、英紙「デイリー・ミラー」電子版など複数メディアも伝えている。

 現在、男子シングルスで8強まで勝ち進んでいるツォンガは自身のツイッターを更新。表紙に「メルシー(フランス語)」と記された手紙と、少女と写った画像を掲載。「ジュリアーナ、手紙を本当にありがとう!!!」とメッセージを送っている。

 デイリー・ミラー紙によると、ジュリアーナさんとは昨年の全豪オープン2回戦でツォンガとオマー・ジャシカ(オーストラリア)が対戦した際にボールガールを務めた少女のことで、当時、顔面にボールが直撃する不運に見舞われたという。その際、ツォンガは必死に痛みを堪えながら目に涙を浮かべるジュリアーナさんに歩み寄ると、優しくエスコートしながらコートの外に連れ出し、観客からも称賛されていた。

 記事によると今回、ツォンガのもとにそのジュリアーナさんから感謝の手紙が届いたという。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集