[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

選手にラリアットされた南米サッカーの女性主審 衝撃を回顧「転んで何も覚えてない」

イングランド1部プレミアリーグなど海外サッカーでプレシーズンの戦いが進む中、アルゼンチンの3部リーグで選手から暴行を受けた女性主審が騒動を振り返った。判定に怒った選手に背後からラリアットを浴びせられた動画がネット上に拡散。海外メディアでは、「立ち上がると目まいがする」「転んで何も覚えてない」などと語ったとしている。

アルゼンチンのサッカー3部リーグで選手から暴行を受けた女性主審が騒動を回顧(写真はイメージです)【写真:Getty Images】
アルゼンチンのサッカー3部リーグで選手から暴行を受けた女性主審が騒動を回顧(写真はイメージです)【写真:Getty Images】

アルゼンチン3部リーグ、選手にラリアットを受けた女性主審が回顧

 イングランド1部プレミアリーグなど海外サッカーでプレシーズンの戦いが進む中、アルゼンチンの3部リーグで選手から暴行を受けた女性主審が騒動を振り返った。判定に怒った選手に背後からラリアットを浴びせられた動画がネット上に拡散。海外メディアでは、「立ち上がると目まいがする」「転んで何も覚えてない」などと語ったとしている。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 突然だった。現地時間7月31日のデポルティーボ・インデペンデンシア―ガルメンセ戦。女性主審のダルマ・コルタディ氏は、ガルメンセのクリスティアン・ティローネにイエローカードを掲示した。猛抗議を受けたが、気丈に対応。しかし、味方の制止を振りほどいたティローネに背後からラリアットを受けた。そのままうつ伏せに倒れ込む間、ティローネは突入してきた警官隊に逮捕された。

 コルタディ主審は病院に搬送されたが、大事に至らなかったという。米スポーツ専門局「CBSスポーツ」は動画付きで記事を掲載。クラブがティローネに永久追放処分を下したことを報じた。さらに、アルゼンチン紙「オーレ」に語った主審の言葉を紹介。「転んでしまって何も覚えていないです。立ち上がると目まいがします。こんなことは起きたことがないです」と振り返ったという。

 さらに「正義が遂行されることを求めます。あの男に代償を。これは重要なことです」と厳罰を求めているようだ。記事では「(コルタディ主審が)自分の性別はこの事件に関係ないと話している」と記している。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集