[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

身長175cmの女子ゴルフ馬場咲希、全米女子ジュニア16強逃す 3UPから残り5Hで逆転負け

全米女子ジュニアゴルフ選手権第4日が21日(日本時間22日)、米ケンタッキー州のザ・クラブアットオールドストーン(6484ヤード、パー73)で行われた。ストロークプレーの予選ラウンドを首位タイで通過した馬場咲希(日本ウェルネス高2年)は、マッチプレー2回戦でキアラ・ロメロ(米国)と対戦し、ロメロの1アップで敗退した。予選14位の伊藤二花(麗澤高2年)は、ホァン・ティン・スアン(台湾)に5アンド4で敗れた。

馬場咲希【写真:Getty Images】
馬場咲希【写真:Getty Images】

帰国後は関東ジュニア出場→再渡米で全米女子アマ出場

 全米女子ジュニアゴルフ選手権第4日が21日(日本時間22日)、米ケンタッキー州のザ・クラブアットオールドストーン(6484ヤード、パー73)で行われた。ストロークプレーの予選ラウンドを首位タイで通過した馬場咲希(日本ウェルネス高2年)は、マッチプレー2回戦でキアラ・ロメロ(米国)と対戦し、ロメロの1アップで敗退した。予選14位の伊藤二花(麗澤高2年)は、ホァン・ティン・スアン(台湾)に5アンド4で敗れた。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 32人が残った2回戦。馬場は前半を1アップで折り返し、後半も10番パー4、12番パー4も奪って3アップとリードを広げた。しかし、相手のロメロが14番パー4、15番パー4を取り、土壇場の17番パー4、18番パー5も連続バーディー。馬場は逆転負けを喫した。

 今季から急成長を見せている馬場。175.3センチの長身から270ヤードのドライバーショットを放ち、アプローチ、パットも高いレベルにある。4月の全米女子オープン日本予選会(36ホール)をボギーなしの通算5アンダーで4位通過。6月の全米女子オープンでは、日本人アマ選手では8年ぶりの予選通過を果たし、通算9オーバーの49位だった。

 帰国後は、関東ジュニア選手権(今月27~29日、千葉CC野田C)に出場。その後は再渡米し、全米女子アマ選手権(8月8~14日)に出場する。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集