[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、リーグ違う敵地メディアが異例の力説「オオタニは球史で最も偉大。以上」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手の投打躍動に、リーグも違う他球団の地元紙まで称賛を送った。21日(日本時間22日)のロイヤルズ戦で打者として3ラン2本を含むキャリアハイの8打点を記録し、翌日の登板で8回2安打無失点。メジャー自己最多の13奪三振で6勝目を挙げた。パイレーツ番記者は「オオタニこそが今までで最も偉大な野球選手」と力説している。

エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手の投打躍動に、リーグも違う他球団の地元紙まで称賛を送った。21日(日本時間22日)のロイヤルズ戦で打者として3ラン2本を含むキャリアハイの8打点を記録し、翌日の登板で8回2安打無失点。メジャー自己最多の13奪三振で6勝目を挙げた。パイレーツ番記者は「オオタニこそが今までで最も偉大な野球選手」と力説している。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

「ショウヘイ・オオタニは野球史上で最も偉大な選手。以上」というタイトルで特集したのは、ピッツバーグ地元紙「ポストガゼッタ」だ。地元球団パイレーツの番記者、ジョー・スターキー氏が執筆したもので、「私は野球の話は大歓迎。しかし議題が『史上最も偉大な選手が誰か』というものなら、議論の必要はない。答えは唯一だ。それはベーブ・ルースではない。ショウヘイ・オオタニこそが今までで最も偉大な野球選手」と断定している。

 異例ともいえる特集ではMLB史上最多の通算762本塁打を誇るバリー・ボンズや通算3283安打のウィリー・メイズという大打者を引き合いに出しながらも、「彼らは投手ではない」ため大谷に及ばないと指摘。昨季46本塁打を放った背番号17のパワーも評価しながら、二刀流の活躍を高く評価している。

 1919年に9勝5敗、防御率2.97、打率.322、29本塁打という記録を残した元祖二刀流ルースとの比較でも、「オオタニが上だった。今年もまた上回る可能性がある。プラス、ルースは世界中の選手を相手にしていない」と断定。特集の最後にはパイレーツのデレク・シェルトン監督の「この男は野球を変革したことで、この後、何百年に渡って語り継がれる事になる」という激賞を紹介していた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集