[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

遊撃手が衝撃156キロを計測 しかも一塁送球で米ファン仰天「狂ってる」「何だこれ」

米大リーグ・パイレーツの遊撃手によるロケット送球に驚きの声が集まっている。20日(日本時間21日)の本拠地カブス戦。メジャー2年目のオニール・クルーズ内野手の一塁送球は、なんと96.7マイル(約156キロ)を計測。投手顔負けの送球に「一塁手はキャッチャーミットを着用すべき」「100回は見直した」などと仰天した米ファンからのコメントが集まっている。

パイレーツのクルーズは今季初出場で強肩を披露。早速爪痕を残した【写真:Getty Images】
パイレーツのクルーズは今季初出場で強肩を披露。早速爪痕を残した【写真:Getty Images】

パイレーツ有望株・23歳クルーズの送球に注目集まる

 米大リーグ・パイレーツの遊撃手によるロケット送球に驚きの声が集まっている。20日(日本時間21日)の本拠地カブス戦。メジャー2年目のオニール・クルーズ内野手の一塁送球は、なんと96.7マイル(約156キロ)を計測。投手顔負けの送球に「一塁手はキャッチャーミットを着用すべき」「100回は見直した」などと仰天した米ファンからのコメントが集まっている。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 とんでもない強肩ぶりだ。パイレーツ3点リードの3回1死走者無し、カブスのウィルソン・コントレラスが三遊間にゴロを放ったシーンだ。逆シングルで打球を処理したのは今季初出場の遊撃手クルーズ。軽快なステップから送球して間一髪アウトを記録したが、目を引いたのは矢のように投じられたボールだった。あっという間に一塁に達したその球速は、なんと156キロだったという。

 この送球に脚光を浴びせたのは米スポーツ専門局「FOXスポーツ」のアナリスト、ベン・バーランダー氏。自身のツイッターに動画を公開し、文面には「オニール・クルーズはロケットを持っている! 内野を横切ったのは96.7マイル」とつづった。2年目遊撃手の強肩ぶりに米ファンも興奮。「一塁手はキャッチャーミットを着用すべき」「ゲリット・コールより速いぞ」「なんてこった」「なんですか、これ」「100回見直した」「マジで狂っている」「パイレーツの未来は明るい」などと驚きの声が寄せられている。

 クルーズは昨季MLBデビューを果たした23歳。MLB公式サイトが今年発表したプロスペクトランキングでは22位に入るなど、大きな期待を寄せられている。この日は「6番・遊撃」で今季初スタメンを果たすと、5打数2安打4打点と好守で大暴れ。チームの12-1の大勝に貢献した。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集