[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 錦織は「武器がありすぎ」 完敗シモンの地元紙も脱帽「ケイの相手にならなかった」

錦織は「武器がありすぎ」 完敗シモンの地元紙も脱帽「ケイの相手にならなかった」

テニスの全仏オープンは1日、男子シングルス3回戦で世界ランク21位の錦織圭(日清食品)が同65位ジル・シモン(フランス)を6-3、6-1、6-3のストレート勝ちを収めた。フランス地元紙は「あまりに武器がありすぎる」と復調の錦織の強さに脱帽している。

錦織圭【写真:Getty Images】
錦織圭【写真:Getty Images】

錦織にストレートで完敗に地元シモン、仏紙も脱帽「あまりに武器がありすぎる」

 テニスの全仏オープンは1日、男子シングルス3回戦で世界ランク21位の錦織圭(日清食品)が同65位ジル・シモン(フランス)を6-3、6-1、6-3のストレート勝ちを収めた。フランス地元紙は「あまりに武器がありすぎる」と復調の錦織の強さに脱帽している。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 錦織の圧倒的な強さが際立った。地元ファンの声援に後押しされた元世界ランク6位の実力者シモン。しかし、日本のエースを前に2時間1分で完敗となった。地元紙「レキップ」は「ジル・シモンはケイ・ニシコリの相手にならなかった」と速報。記事では、ショットが冴え渡った錦織のオールラウンダーぶりを称賛している。

「この日本人にはあまりに多くの武器があり、そして多彩だった。ニシコリが自由自在に試合を操る中、ジル・シモンはコートの隅から隅まで走り回り、必死に守った。歩く場面はほとんどなかった」

 さらに、錦織の攻撃的姿勢も高く評価。「モンテカルロのファイナリストに心配などなかった。この試合で一度もリードを許さなかったからだ! よりアグレッシブに、より鋭く、より迫力が存在した!」とつづり、ストロークでは39本のウィナーを勝ち取る一方で、シモンは12本に留まっていたデータも紹介していた。

 4回戦で世界ランク8位のドミニク・ティエム(オーストリア)と対戦する錦織。目下の充実ぶりは地元紙も認めるほど。元世界ランク4位の完全復活は、もうすぐそこだ。

(THE ANSWER編集部)

DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー