[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ゴルフ全米OPで大絶賛 127年間で初、コース管理者を表彰「なんて瞬間だろう!」

米男子ゴルフの海外メジャー・全米オープンが19日(日本時間20日)まで米マサチューセッツ州のザ・カントリークラブで行われ、コース管理者を表彰する新たな取り組みがなされた。最終日の表彰式で全米ゴルフ協会(USGA)のマイク・ワンCEOが発表。対象者が万雷の拍手を浴びた動画に対し、「なんて瞬間だろう!」と話題を集めている。

コース管理者を表彰する全米ゴルフ協会のマイク・ワンCEO【写真:Getty Images】
コース管理者を表彰する全米ゴルフ協会のマイク・ワンCEO【写真:Getty Images】

ゴルフ全米OP、127年間で初の試みが話題

 米男子ゴルフの海外メジャー・全米オープンが19日(日本時間20日)まで米マサチューセッツ州のザ・カントリークラブで行われ、コース管理者を表彰する新たな取り組みがなされた。最終日の表彰式で全米ゴルフ協会(USGA)のマイク・ワンCEOが発表。対象者が万雷の拍手を浴びた動画に対し、「なんて瞬間だろう!」と話題を集めている。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 日本にはない光景だった。マシュー・フィッツパトリック(英国)の優勝で幕を閉じた大会最終日。ワンCEOは表彰式でこうスピーチした。

「全米オープンの伝統の多くは、100年程さかのぼることができます。しかし、今日、我々は新たなものをここで始めます。127年間、行われなかったことです。今日、コースのセットアップをするアグロノミー(作物栽培学・農学)の素晴らしいパートナーに、E.J.マーシャル・プラッターを贈ります。127年間、E.J.マーシャル・プラッターは贈られてきませんでしたが、今日、ザ・カントリークラブの管理者のデイブ・ジョンソンに贈ります」

 称賛の言葉を述べながら、近くを指さした。その先には盾を持った男性と熱狂する人々。拍手喝采で大盛り上がりだった。活躍した選手などを表彰するのは普通だが、コース管理者を表彰するのは1895年の第1回大会から初めてのことだったという。

 動画を公開した大会公式ツイッターは「今年の全米オープンの表彰式で、全米ゴルフ協会(USGA)は新たな伝統を始めた。アグロノミーのチームをE.J.マーシャル・プラッターで称えることだ。ザ・カントリークラブのグラウンド管理者のデイブ・ジョンソン、おめでとう」と祝福した。

 大会公式ツイッターには、米ファンから「Wow。これは素晴らしいね」「デイブもUSGAもよくやったぞ」「とても特別だね」「管理者への感謝は良いね」「なんて瞬間だろう!」と大絶賛の声。米女子ツアーでプレーした経験のある有村智恵(フリー)も「コース管理の方を表彰するとか素敵すぎる」とツイートしている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集