[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

激写された球審バット顔面直撃の決定的瞬間 米戦慄「驚異的な一枚」「心臓止まるかと」

米大リーグで起きた未曾有のアクシデントが注目を集めている。14日(日本時間15日)に行われた敵地ドジャース戦、エンゼルスのマイク・トラウト外野手の折れたバットが球審のマスクの隙間をすり抜け、顔面に直撃。この決定的瞬間を米地元紙のカメラマンが捉えていた。実際の写真は現地ファンを「心臓止まるかと思った」「驚異的な一枚だ」と驚愕させている。

マイク・トラウトの折れたバットが球審の顔面に直撃した【写真:ロイター】
マイク・トラウトの折れたバットが球審の顔面に直撃した【写真:ロイター】

大谷翔平の打席前に球審が交代する異例の事態

 米大リーグで起きた未曾有のアクシデントが注目を集めている。14日(日本時間15日)に行われた敵地ドジャース戦、エンゼルスのマイク・トラウト外野手の折れたバットが球審のマスクの隙間をすり抜け、顔面に直撃。この決定的瞬間を米地元紙のカメラマンが捉えていた。実際の写真は現地ファンを「心臓止まるかと思った」「驚異的な一枚だ」と驚愕させている。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 球審にとっては不運だったとしか言いようがない。0-2で迎えた9回1死、エンゼルスのトラウトは直球に詰まり、センター前にポトリと落ちる安打を放った。この瞬間、バットが根元から折れ、そのまま回転しながらトムリンソン球審のマスクへ。先端は隙間をすり抜け、顔面に直撃した。

 その場に倒れ込んだ球審は出血。ドジャースのトレーナーの処置を受けた後に退場し、異例の球審交代となった。米カリフォルニア州地元紙「パサデナ・スター・ニュース」のカメラマンのキース・バーミンガム氏はバット直撃の決定的瞬間を激写。自身のツイッターで公開した。

 トラウトがバットの根元部分を握り、折れたバット部分が中腰で構えている球審のマスクをすり抜け、当たっている場面。文面には「ロサンゼルスのドジャースタジアムで、ネイト・トムリンソン球審がマイク・トラウトの折れたバットを顔面に受け、9回に試合を退いた」と記した。

 危険な場面を捉えた一枚には、米ファンからもコメントが寄せられている。

「彼が無事だといいんだけど」
「危険な写真だ」
「驚異的な一枚だね」
「マジかよ」
「心臓止まるかと思った」
「どんな確率だよ」
「残酷だ」
「悪夢だろうね」

 米スポーツメディア「ジ・アスレチック」によると、ドジャースのロバーツ監督は試合後に「彼の鼻に当たったと聞いた。(より悪い事態もありえたため)おそらく最善のシナリオだと思う。とても恐ろしい瞬間だったよ」とコメント。前代未聞のアクシデントが全米の肝を冷やしていた。

折れたバットが球審の顔面直撃した決定的瞬間(画像はキース・バーミンガム氏ツイッターより)
折れたバットが球審の顔面直撃した決定的瞬間(画像はキース・バーミンガム氏ツイッターより)

 なお、この試合ではエンゼルスの大谷翔平投手は「3番・指名打者」で出場。9回の球審交代直後の打席で初球を二塁打とするなど2安打をマークした。これにより、メジャー通算431安打とし、日本人歴代7位の城島健司に並んだ。試合は0-2で敗れている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集