[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

医師がリングで試合ストップ要求の珍事 ボクシング審判に英疑問「早く止めるべきだ」

米ボクシングで起きたTKO劇に海外メディアが疑問を呈している。11日(日本時間12日)、ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデン「Huluシアター」で行われたスーパーライト級8回戦で、ダコタ・リンガー(米国)がホスエ・バルガス(プエルトリコ)に2回2分6秒のTKO勝ちを収めた。バルガスの脚がもたつき防戦一方の中でも審判は試合を止めず、ドクター2人がリングに上がって試合ストップを要求する事態に。英メディアは「もっと早く止めるべきだった」と報じている。

2回2分6秒のTKO勝ちを収めたダコタ・リンガー(右)【写真:Getty Images】
2回2分6秒のTKO勝ちを収めたダコタ・リンガー(右)【写真:Getty Images】

米興行でのTKO劇にESPNも反応「この結末」

 米ボクシングで起きたTKO劇に海外メディアが疑問を呈している。11日(日本時間12日)、ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデン「Huluシアター」で行われたスーパーライト級8回戦で、ダコタ・リンガー(米国)がホスエ・バルガス(プエルトリコ)に2回2分6秒のTKO勝ちを収めた。バルガスの脚がもたつき防戦一方の中でも審判は試合を止めず、ドクター2人がリングに上がって試合ストップを要求する事態に。英メディアは「もっと早く止めるべきだった」と報じている。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 バルガスは2回のゴングから約40秒で、リンガーのパンチを受けて3秒ほどキャンバスに倒れた。しかし審判はスリップと判断。その後、ロープに追い詰められると右アッパーを被弾しダウンした。立ち上がったバルガスの脚はすでにふらついていたものの、審判は試合を続行。再開後にコーナーに追い詰められたバルガスは防戦一方となるもレフェリーはなかなか止めない。すると、たまりかねた医師がリングに上がってストップを指示。TKO決着となった。

 実際の映像を米スポーツ専門局「ESPN」のボクシング専門インスタグラム公式アカウント「ESPNリングサイド」が公開。文面に「この結末」と記し、映像内にも「ドクターが来て試合を止めなければいけなかった!」とつづった。英ラジオ局「トークスポーツ」は「審判がバルガスを救うのに失敗し、ドクターが試合を止めるためにリングに上がる」との見出しで記事を掲載し、試合続行の判断に疑問を呈した。

 記事では、「(ダウンの後)バルガスが立ち上がったものの、ふらついていた時に試合を止めるべきだった」と指摘。「バルガスがニュートラルコーナーでよろめくも、より多くの不必要なパンチを受けた」「20秒経過しても審判は躊躇。ニューヨーク州コミッションの監査人とリングサイドのドクターが、最終的にはリングに上がって試合終了を要求した」とTKOが医師の要求によるものだったと報じた。

 米専門メディア「ボクシングシーン.com」によると、試合後バルガスは近くの病院へ搬送されたという。敗れた24歳バルガスは20勝(9KO)3敗、27歳リンガーは13勝(9KO)5敗3分けとなった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集