[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

自転車レース走行中、隣の選手を殴って失格の決定的瞬間 海外波紋「これは一発レッド」

自転車レースのクリテリウム・ドゥ・ドーフィネで、コロンビア人選手が並走していた他選手と口論の末に殴り、失格処分に。まさかの瞬間を海外メディアが続々報道し、ファンからも「これは一発レッドだ」「スポーツマンシップはどこに?」と批判が上がっている。

フアン・セバスティアン・モラノ【写真:Getty Images】
フアン・セバスティアン・モラノ【写真:Getty Images】

クリテリウム・ドゥ・ドーフィネでコロンビア人レーサーの行動に物議

 自転車レースのクリテリウム・ドゥ・ドーフィネで、コロンビア人選手が並走していた他選手と口論の末に殴り、失格処分に。まさかの瞬間を海外メディアが続々報道し、ファンからも「これは一発レッドだ」「スポーツマンシップはどこに?」と批判が上がっている。

【特集】偉業を後押しした心の支え 金メダリストが感謝する応援のチカラ / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 驚きの場面が起きたのは10日のレース中だった。集団の隊列左側を走っていたフアン・セバスティアン・モラノ(コロンビア)は右側で並走していたユーゴ・パージュ(フランス)の体を突然、叩いた。さらにパージュの方を向いて指差し、何事かまくし立てている様子。そして、最後にはヘルメットを右手で叩いた。その間、パージュは抵抗することなく、走行していた。

 パージュのコース取りを巡ってトラブルになった模様で、欧州衛星放送「ユーロスポーツ」は「フアン・セバスティアン・モラノがクリテリウム・ドゥ・ドーフィネのレース中にユーゴ・パージュを殴る狂気の瞬間」と公式インスタグラムで紹介。上空からとらえていた決定的瞬間を紹介した。

 海外ファンからも「悲しい。これは一発レッド」「狂ってる」「12か月の出場停止」「モラノは締め出すべき」「アウト!!!」「恥ずかしいよ! レッドカードを受けるべき」「クレイジーかつ危険!!!」「スポーツマンシップはどこに?」「とんでもない」と批判が殺到した。

 ロードレースチームの「UAE チーム・エミレーツ」公式ツイッターはモラノのコメントを紹介。「ゴールに向かうコースはスピードがあって緊迫しており、僕はつい興奮して危険なミスを犯してしまった。起こしてしまったことに対し、ユーゴ・パージュと全てのライダーに謝罪したい」と語ったという。さらに「なぜ失格になったのか理解している。後悔しており、ここから学んでいくとしか言えない」と反省し、前を向いた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集