[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

“危険スライディング”に広がる波紋 MLBは守備妨害の見解も、カ軍監督「悪くない」

MLBは「守備妨害」と結論、これに対し両軍の指揮官、当事者がそれぞれコメント

 だが、これで終わりではない。プレーにかかわった両軍の監督、両選手のそれぞれの声明を紹介している。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 カブス・マドン監督「トーリ氏(MLBの専務理事)と話して彼の解釈の説明を受けた。恐れながら全く賛成できないと伝えた。あのプレーに悪いところは何もない。もう一度言うが、審判はニューヨーク(リプレイセンター)でも球場でも正しかった。MRIを見る医者のように、同じ情報の集まりから、2つの違う意見が出るものなのかもしれない」

 パイレーツ・ハードル監督「判定が生まれたのは事実だ。人生はフェアじゃない。スポーツも時にフェアじゃない。私から見て最も重要なのは、業界にこういった特定のスライディングは捕手(を守ること)のためにルール違反だと伝えることができたこと。それは私が昨日主張していたことだし、ある結論と終局に至ることができたのは良かったと思う」

 両指揮官はこうコメントしている。一方で当事者となった選手の胸中も対照的だ。

 カブス・リゾ(走者)「誰もこのルールについて明確な答えを持っていないと思う。僕らは野球をプレーしている。僕が話をする球界の誰もがゲッツー崩しを知ってる。試みないこともできるけど、野球選手としてダブルプレーは避けるべきと教わってきた」

 パイレーツ・ディアス捕手「昨日あれがあってから、何であれ自分の身を自分で守ろうという結論に至った。この競技には世話になった。これは自分に関わる問題、家族に関わる問題だ。だから何が代償であろうと自分を守り続けようと思う」

 MLBは「守備妨害」としたが、今後追加での何らかの対応があるかなどは、現時点では明らかになっていない。勝利を追求する上でのベストなプレーなのか、それともただの危険なスライディングなのか――。議論はまだ続くのか。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集