[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「二刀流の脅威、日本のオオタニを抑えた」 韓国紙も35歳柳賢振との“日韓対決”報道

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は26日(日本時間27日)、本拠地ブルージェイズ戦に「3番・投手兼DH」で二刀流出場。投げては6回6安打5失点で3敗目、打者としては2打数無安打1打点だった。チームは3-6で敗戦。この日の相手先発は韓国出身のベテラン左腕・柳賢振(リュ・ヒョンジン)投手。5回6安打2失点で2勝目を挙げ、韓国紙は「二刀流の脅威、日本のショウヘイ・オオタニも抑えた」と報じている。

初回の打席に立つ大谷翔平【写真:AP】
初回の打席に立つ大谷翔平【写真:AP】

大谷は投手で3敗目、打者としても無安打

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は26日(日本時間27日)、本拠地ブルージェイズ戦に「3番・投手兼DH」で二刀流出場。投げては6回6安打5失点で3敗目、打者としては2打数無安打1打点だった。チームは3-6で敗戦。この日の相手先発は韓国出身のベテラン左腕・柳賢振(リュ・ヒョンジン)投手。5回6安打2失点で2勝目を挙げ、韓国紙は「二刀流の脅威、日本のショウヘイ・オオタニも抑えた」と報じている。

【特集】偉業を後押しした心の支え 金メダリストが感謝する応援のチカラ / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 大谷は投手としては2ケタ10奪三振をマークするも、初回先頭のスプリンガーに9号ソロを浴びるなど2被弾。5失点でチームを勝利に導くことはできなかった。打者としては初回に四球を選んだものの、35歳の柳を打ち崩せず。5回の第3打席では空振り三振を喫したが、これはこの日柳が唯一奪った三振だった。

 韓国紙「中央日報」の英語版は「柳賢振、オオタニを打ち取り、6-3でエンゼルスに勝利」の見出しで記事を掲載。「ブルージェイズの柳賢振が敵地でエンゼルスを下し、2勝目を挙げた。待望の対決となった、二刀流の脅威、日本のショウヘイ・オオタニも抑えた」と報じている。

 大谷については「現在の球界で最も手強い選手」と説明し、「彼は支配的な先発投手でありながら、登板しない日は指名打者で出場する。この日本の二刀流スターは21年にア・リーグMVPを獲得。史上初めて1シーズンで100イニング投球と100奪三振、打者として100打点、100安打、100打点を記録した選手である」と、大谷が成し遂げた偉業についても紹介していた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集