[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

MLBで生まれた驚きの変化球 球速159kmで変化63cmという衝撃「この動きはヤバイよ」

米大リーグで生まれた159キロで63センチも動いた変化球に注目が集まっている。ヤンキースの右腕ミゲル・カストロ投手が投じ、米ファンからは「この動きはヤバイよ」「これ現実なのか?」などの声が寄せられている。

ヤンキースのミゲル・カストロ【写真:ロイター】
ヤンキースのミゲル・カストロ【写真:ロイター】

ヤンキース右腕カストロの超高速シンカーが話題に

 米大リーグで生まれた159キロで63センチも動いた変化球に注目が集まっている。ヤンキースの右腕ミゲル・カストロ投手が投じ、米ファンからは「この動きはヤバイよ」「これ現実なのか?」などの声が寄せられている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 10日(日本時間11日)に生まれた驚きの1球だった。ブルージェイズ戦、5回途中から2番手で登板したカストロ。6回無死一塁、フルカウントから右打者カークに速球を投げ込んだ。サイド気味に繰り出された白球は、バックドアの軌道で外角から鋭く変化。打者はボールと思って見送り、歩き出そうとしたが、完全にストライクゾーンに入っていた。球審はストライクを宣告し、見逃し三振となった。

 この1球を「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる米投球分析家ロブ・フリードマン氏がクローズアップ。「ミゲル・カストロの不合理な99マイル(約159.3キロ)のシンカー。25インチ(約63.5センチ)の変化。なんてこった」とツイッターに投稿した。映像を見た米ファンからも「エグすぎ」「この動きはヤバいよ」「スクリューみたいだけど速いな」「美しい」「魔術だ!」「ちょっと……え?!」「これ現実なのか?」など驚きの声が上がった。

 サイドハンド気味に腕を振る分、横変化の成分は大きくなるとはいえ、159キロの球速でこれだけ動かせるのは驚異的。今季メッツからヤンキースに加入、早くも14試合に登板し、ブルペンを支える27歳の右腕に注目だ。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集