[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

鈴木誠也、開幕1か月 同僚の元NPB助っ人が「テレビゲーム&ゴルフ」を提案したワケ

米大リーグのカブス・鈴木誠也外野手は7日(日本時間8日)、本拠地でドジャースとダブルヘッダーを戦い、両試合とも「2番・右翼」で先発した。MLBデビューから約1か月が経過した背番号27。米メディアがそんな日本人ルーキーを特集し、鈴木の抱える意外な“悩み”を紹介した。

カブスの鈴木誠也【写真:ロイター】
カブスの鈴木誠也【写真:ロイター】

開幕1か月、ESPNが特集「セイヤ・スズキのメジャー挑戦の内幕」

 米大リーグのカブス・鈴木誠也外野手は7日(日本時間8日)、本拠地でドジャースとダブルヘッダーを戦い、両試合とも「2番・右翼」で先発した。MLBデビューから約1か月が経過した背番号27。米メディアがそんな日本人ルーキーを特集し、鈴木の抱える意外な“悩み”を紹介した。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 1試合2本塁打を記録するなど、一時はOPSや本塁打数でリーグトップに輝いた鈴木。しかし現在は打率.253、4本塁打15打点と若干落ち込んでいる。米スポーツ専門局「ESPN」は、6日に掲載した記事で「次のカブスのレジェンド? それとも1か月の幻? セイヤ・スズキのメジャー挑戦の内幕」との見出しを打って、日本人ルーキーの開幕1か月を回顧。「日本で9年間プレーしたスズキはMLBで必要な1つのことが足りない」と鈴木が抱える、ある“悩み”を紹介した。

 その内容とは時間の使い方。鈴木は「ESPN」の取材に対し、趣味を探していると話したという。メジャーといえば日本に比べ、練習時間が短く、試合以外でどうリラックスした時間を過ごすかも、日本人選手が活躍する上では大切なこと。

 記事によると、過去に日本ハムでプレーし、現在は鈴木の同僚右腕であるクリス・マーティン投手は「日本の選手はノンストップ。試合後でも素振りをし、トレーニングに励む。働き続けているんだ」と日本の文化について明かしたという。また、「『野球スイッチ』をオフにすることを学ぶ必要がある」ともコメント。鈴木にテレビゲームやゴルフを趣味として提案したという。

 鈴木はダブルヘッダー1試合目で3打数1安打、2試合目は4打数1安打、両試合で安打を放ち復調の気配を見せた。開幕直後の大活躍のカギは趣味の発見にあるかもしれない。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集