[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

菊池雄星、11連勝ヤ軍を牛耳った快投に米記者最敬礼「疑いなくジェイズで最高の出来だ」

米大リーグのブルージェイズ・菊池雄星投手が4日(日本時間5日)、本拠地ヤンキース戦に先発し、6回3安打7奪三振1失点で今季初勝利を挙げた。11連勝中だった好調ヤンキース打線をねじ伏せた快投に、米記者も「疑いなく、キクチのジェイズとして最高の出来だ」と最敬礼だ。

ヤンキース戦に先発したブルージェイズの菊池雄星【写真:ロイター】
ヤンキース戦に先発したブルージェイズの菊池雄星【写真:ロイター】

143キロスプリットで空振り三振奪取「エグイ89マイルのスプリットだ」

 米大リーグのブルージェイズ・菊池雄星投手が4日(日本時間5日)、本拠地ヤンキース戦に先発し、6回3安打7奪三振1失点で今季初勝利を挙げた。11連勝中だった好調ヤンキース打線をねじ伏せた快投に、米記者も「疑いなく、キクチのジェイズとして最高の出来だ」と最敬礼だ。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 圧巻の内容だった。2-1で迎えた4回2死二塁、一打同点の場面で菊池は燃えた。カウント1-2からの5球目、5番の右打者ドナルドソンに対して投じたのは89マイル(約143キロ)スプリットだ。高めからストライクゾーンの外角低めに沈んだ。打者のバットは空しく空を切る。ピンチを脱した左腕はグラブを叩き、吠えた。「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる投球分析家ロブ・フリードマン氏も自身のツイッターで「エグイ89マイルのスプリットだ」と唸ったほどだった。

 この1球に象徴されるように150キロ超のストレートとスプリットでヤンキース打線を牛耳った菊池。移籍後5度目の登板でついに初勝利を挙げた。投球中から試合後にかけ、ツイッター上で米記者の称賛が相次いだ。

 カナダのスポーツメディア「スポーツネット」のベン・ニコルソン・スミス記者は5回終了時点で「現在ブルペンには誰もいない。ユウセイ・キクチがブルージェイズとして初めて6回も投げることを示唆している。彼は5回まで非常に効果的だ」と速報した。

 米スポーツ専門誌「スポーツ・イラストレイテッド」のミッチ・バノン記者は「疑いなく、キクチのジェイズとして最高の出来だ。前回の先発で、彼が初めて見せたスラッターは支配的だったが、彼はチェンジアップ(スプリット)を低めに集め、速球を信頼している」と投球内容を評価した。

 また、カナダ放送局「TSN」のスコット・ミッチェル記者も「ユウセイ・キクチがブルージェイズとしての5度目の先発で良い立ち直りを見せた。6回を投げて、たった3被安打1与四球1失点のみ」と移籍後最も良い出来であると強調した。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集