[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「TVと球審のストライクゾーンは違う」 “誤審騒動”目立つMLB、米ESPNは球審を擁護

米大リーグ・フィリーズのカイル・シュワーバー外野手は、4月24日(日本時間25日)のブルワーズ戦で見逃し三振に倒れ、際どいストライク判定に怒りを露わにしていた。米ファンからは判定に賛否の声が上がっていたが、米スポーツ専門局「ESPN」は「判定は許容範囲のものだった」と球審エンジェル・ヘルナンデス氏を擁護。その理由も記事で伝えている。

際どいストライク判定に怒りを露わにするフィリーズのカイル・シュワーバー【写真:AP】
際どいストライク判定に怒りを露わにするフィリーズのカイル・シュワーバー【写真:AP】

球審の判定に怒り心頭の打者が話題になることも

 米大リーグ・フィリーズのカイル・シュワーバー外野手は、4月24日(日本時間25日)のブルワーズ戦で見逃し三振に倒れ、際どいストライク判定に怒りを露わにしていた。米ファンからは判定に賛否の声が上がっていたが、米スポーツ専門局「ESPN」は「判定は許容範囲のものだった」と球審エンジェル・ヘルナンデス氏を擁護。その理由も記事で伝えている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 話題となったのは、怒りを爆発させたシーンだった。ブルワーズ戦、1点を追う9回1死走者なし。フィリーズの左打者シュワーバーが、フルカウントから外角低めの投球を見送った。四球を確信し、一塁へ歩きかけるも、判定はストライク。シュワーバーの怒りは一気に沸点に達した。バットとヘルメットを地面に思い切り叩きつけてブチギレた。

 球審は、微妙な判定が多いことで有名なエンジェル・ヘルナンデス氏。シュワーバーは猛抗議すると、すぐさま退場処分を言い渡された。米ペンシルベニア州フィラデルフィアの地元局「NBCスポーツ・フィラデルフィア」は、フィリーズの地元メディアらしく「審判のストライクゾーンは控えめに言っても不安定だった」などと擁護。ツイッター上の米ファンからは「この球に関しては酷い判定だとは言えない」「酷い判定だ」などと賛否の声が上がっていた。

 この出来事について、「ESPN」は「MLB審判の評価の話とストライクボールの未来」との見出しで記事を掲載。この試合の翌日、ヘルナンデス氏が判定に関するレポートを受け取ったと紹介し「疑惑の1球について、ヘルナンデスの判定は許容範囲のものだった」とも伝えている。

 記事では「あの映像を見た人にとっては驚きの結果かもしれない。ストライクゾーンを示す枠を外れた球だったのだから。どうしてヘルナンデスの目には正しく映ったのだろうか」「答えは簡単。TVに映るストライクゾーンと球審のストライクゾーンは違うからだ」と伝えた。

 MLBの中継映像には、ストライクゾーンを表す四角い枠が表示されることが多い。ESPNによると、これは2001年に同局の中継で初登場したものだという。ただ、この枠と球審のストライクゾーンに違いがあってもおかしくはないと記事では言及している。

 微妙な判定が取り上げられることが多くなったMLBだが、記事では「審判への批判は昔からあった」「現在は野球中継をアプリやネットでどこでも見られる。そしてSNSに投稿することで、ガソリンを投下されているのである」と、SNSの普及で“炎上”が頻繁に起きていることも注目している。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集