[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「満塁でトラウト、大谷だったのに…」 エンゼルスには厳しい判定に日本のファン落胆

米大リーグ、大谷翔平投手の所属するエンゼルスは4月30日(日本時間5月1日)、敵地でホワイトソックスと対戦。0-4で敗れ、連勝は6で止まった。8回、好機でのブランドン・マーシュ外野手の見逃し三振の判定に米レポーターは「シンプルに酷い判定だ」と指摘。ツイッター上の日本のファンからも落胆の声が上がった。

見逃し三振に倒れたエンゼルスのブランドン・マーシュ、マドン監督も球審に抗議した【写真:AP】
見逃し三振に倒れたエンゼルスのブランドン・マーシュ、マドン監督も球審に抗議した【写真:AP】

マーシュの見逃し三振の判定に疑問の声

 米大リーグ、大谷翔平投手の所属するエンゼルスは4月30日(日本時間5月1日)、敵地でホワイトソックスと対戦。0-4で敗れ、連勝は6で止まった。8回、好機でのブランドン・マーシュ外野手の見逃し三振の判定に米レポーターは「シンプルに酷い判定だ」と指摘。ツイッター上の日本のファンからも落胆の声が上がった。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 4点を追いかける8回。2死一、三塁の場面でマーシュに打席が回ってきた。カウント3-2からの6球目、外角スライダーを見送った。四球で満塁とチャンス拡大……かと思われたが、判定はストライクで見逃し三振。一呼吸遅れての判定にも見え、マーシュはまさかと言わんばかりに球審に抗議するしかなかった。

 満塁で主砲のマイク・トラウト、そして大谷へと繋がるだけに悔やまれる判定。観戦していたツイッター上の日本人ファンからも「ボール2つ分くらい外れてるのでは」「絶対ボールだよね」「マーシュ相当悔しそうで可哀想だったな」「ボールなら満塁でトラウト、大谷だっただけに試合の勝敗を左右しかねない判定」「マーシュがめずらしく抗議」などと微妙な判定に注目が集まっていた。

 米地元中継局「バリースポーツ・ウェスト」のレポーター、パトリック・オニール氏も自身のツイッターでこの判定について言及。「シンプルに酷い判定だ。走者が溜まってトラウトに回るところだったのに。残念でならない」と判定に疑問を呈していた。なお大谷は「4番・指名打者」で先発出場したが、4打数無安打だった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集