[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、微妙なハーフスイング判定で三振 米嘆き「今季の審判は良くない」「酷い」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は25日(日本時間26日)、本拠地ガーディアンズ戦に「2番・DH」で出場。2020年のサイ・ヤング賞投手シェーン・ビーバーから、第2打席まで2打席連続三振を喫した。初回はフルカウントからボール球にバットが止まったかのようにも見えたが、三塁塁審がスイング判定。米ファンからは「四球だった」「酷い」とコメントが寄せられている。

エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

ガーディアンズ戦に「2番・DH」で出場

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は25日(日本時間26日)、本拠地ガーディアンズ戦に「2番・DH」で出場。2020年のサイ・ヤング賞投手シェーン・ビーバーから、第2打席まで2打席連続三振を喫した。初回はフルカウントからボール球にバットが止まったかのようにも見えたが、三塁塁審がスイング判定。米ファンからは「四球だった」「酷い」とコメントが寄せられている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 大谷は四球を確信していたようだ。初回1死の第1打席、フルカウントから低めの変化球にバットが出かけたが、スイングを止めて一塁へ向かう。しかし、三塁塁審はスイングとジャッジした。空振り三振で、大谷はその場に立ち尽くした。

 米ポッドキャストのエンゼルス情報番組「トーキン・ヘイローズ」でホストを務めるジャレッド・ティムズ氏は、ツイッターに実際の映像を公開。横から見ると、バットのヘッドはかえっていないようにも見えたためか「今季の審判の判定は良くない……」と文面に記した。

 米ファンからは「酷い」「ショウヘイは四球だった」「俺の7歳の息子もボールと言っている」「おいおーい」「特にショウヘイに多い」「過去の打席でもそうだ」などとコメントが寄せられていた。大谷は第2打席は見逃し三振に倒れている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集